韓国の異常な国民性の
主原因は、多分遺伝子です






遺伝子から見た韓国人と日本人・中国人との明確な差


下記データは、感情の制御を行うセロトニン受容体(5-HT1A)の遺伝子多型に関して、韓国人は日本人・中国人とは全く異なる集団であることを明確に示しています

感情の制御に深く関連することが確実である遺伝子に関する韓国人遺伝子の異常とも言うべき多型分布の極度の差は、恐らくは、韓国人の精神的形質の明確な特徴である「激情」に発現しています


民族集団名 サンプル数 論文 C/C C/G G/G
韓国人 149 1 4.7% 34.9% 60.4%
韓国人 111 2 6.3% 41.4% 52.3%
中国人 400 3 59.7% 34.3% 6%
日本人 120 4 56.7% 33.3% 10%
白人・黒人・ヒスパニック 107 5 32% 47% 23%
カナダ人 134 6 27.6% 52.2% 20.1%

(いずれも、各論文中の健常者のみの%を抽出して表示。1019C>G single nucleotide polymorphism=C→Gへの一塩基置換変異多型のみを対象)

*セロトニン受容体とは、比喩的に言えば、下図のように「鍵穴」に相当するものです。 (受容体とは、細胞膜に埋め込まれたタイプのタンパク質のことです。ただし、チロキシン等一部の場合、細胞内受容体もあります)



*セロトニン関連遺伝子には、@セロトニンを運ぶ遺伝子=セロトニントランスポーター遺伝子Aセロトニン受容体遺伝子があります。

セロトニンを運ぶ遺伝子については、欧米人と東アジア人(日本人・中国人・韓国人)との間に、大きな差がありますが、東アジア人相互間に(日本人・中国人・韓国人)大きな差はありません。この記事は、セロトニン受容体遺伝子について、韓国人は、日本人・中国人とは全く異なる連中であることを明確な証拠を示して知らしめるために作成しました。 韓国人男性の際立った特徴である「激情」等々韓国における様々な奇怪な現象に、セロトニン受容体遺伝子の多型分布が大きく関与していることはほぼ確実と思われます。 遺伝子の多型とは、下記の通りです


*ヒトのDNAは、約32億の塩基と呼ばれるたった4文字で表されています。頭文字をとってATGCの文字があてはめられており、AとT、GとCは、1本の染色体中で必ず対になります。



*この配列中の一塩基(例えばC)が、他の塩基(例えばG)に置換する場合を正確には、点突然変異と呼びます。点突然変異には、この他に、挿入・欠失変異がありますが、数量的には置換変異が圧倒的に多いです。現時点で、完全に統一した分析基準で世界中の民族を分析した1000ゲノムプロジェクト フェーズ3(韓国人は対象外)の分析結果発表論文では、置換変異が、全変異中の約85%を占めています。



*この同じ位置にある遺伝子を現在ではアレルと訳さずに書くのが一般的です(対立遺伝子)。アレル(対立遺伝子)は、父由来と母由来で、異なる場合があります。これが、キーポイントです。

*例えば、父はある遺伝性の病気の変異(G/C)を有しているが、母(C/C)は有していない場合、その遺伝性の病気の原因が、C→Gへの一塩基置換変異であれば、子供は、2分の1の確率でG/Cの遺伝子型を有することとなります。(同様に2分の1の確率で、子は、C/Cの遺伝子型を有する可能性があります)

*この場合、子供は父由来の変異Gと母由来の変異が生じてはいないCの両方を有しています。これを通常は、G/C と書きます。 子供が実際に発病するかどうかは、その病気がヘテロ優性かどうかで決まります。(ほとんどの遺伝性疾患は、ヘテロ劣性です。G/Gでないと発病しないのが大部分です。だからこそ、集団内で消滅することなく、存続し続けます。ただし、性染色体について、男性はXYのため、X染色体に生じた遺伝性の病気の変異は、男性だけに発現します。一般に、重度知的障害者に男性が多いのは、その原因がX染色体にあるからだと推定されています。女性の場合、X染色体は2本あるため、片方が比喩的に言えば補完する機能を果たしているようです。)

冒頭に掲げた表は、ヒトの感情の制御に、決定的な役割を果たしているであろうセロトニン受容体遺伝子中のたった1カ所の置換変異に関する下記論文に掲載された健常者(うつ病・双極性障害、パニック障害等々精神疾患・パーソナリティー障害を全く有さない者)だけのデータを各論文から抽出し、比較したものであり、 表の中でのC/C、G/C、G/Gは、上に書いた意味での表記です。

ヒトの感情を制御するタンパク質として、感情の制御系としてセロトニン、興奮系としてドーパミンが良く知られています。上の表のように、韓国人は、セロトニン受容体遺伝子(5-HT1A)の 多型が日本人・中国人とは全く異なります。


論文 1
Culture, serotonin receptor polymorphism and locus of attention
HS Kim et.al 2011

論文 2
Association Study between 5-HT1A Receptor Gene C(-1019)G Polymorphism and Panic Disorder in a Korean Population
WS Choi et.al 2010

論文 3
Association between the serotonin 1A receptor C (-1019) G polymorphism and major depressive disorder in the northern Han ethnic group in China
Y Wu et.al 2008

論文 4
Serotonin-1A receptor C-1019G polymorphism affects brain functional networks
H Zheng et.al 2017

論文 5
Human 5-HT1A receptor C(x1019)G polymorphism and psychopathology
Y Huang et.al 2004

論文 6
Association of a functional x1019C>G 5-HT1A receptor gene polymorphism with panic disorder with agoraphobia
Claudia Rothe et.al 2004

このタイプの分析は、染色体1本のみ対象の全ゲノムシーケンス公表データを利用できませんので、大規模のサンプル数は、まずあり得ません。 (=新たにサンプルを集めて分析するしかありません) 参考データとして、論文毎のサンプル数を記載していますが、充分なサンプル数ではないものの、極度に少ないというわけではありません。


@この遺伝子がうつ病、双極性障害等々感情に関連する精神障害と関連していることは確実視されています。論文4要約より引用

The serotonin-1A (5-HT1A) receptor is strongly implicated in major depression and other affective disorders due to its negative regulation of serotonin neurone firing rates.
Behavioural and clinical studies have repeatedly reported that the −1019G allele carries a high susceptibility for affective disorders.

AC→Gへの置換変異によって生じるC/C, C/G, G/Gの多型のうち、韓国人は、同じ東アジア人であるにもかかわらず、圧倒的に、G/Gのホモ接合型が多いです。 言い換えれば、韓国人固有の変異(バリアンツ)ではなく、遺伝子の多型頻度分布が大きく異なるのです。

【ご参考】

@セロトニンでネット検索すると「幸せホルモン」云々と出てくると思います。しかし、セロトニン(受容体)には、この記事で対象としている5-HT1Aから5-HT7まで、13種類もあることをまず 念頭に置いてください

Aこの記事は、13種類あるセロトニン受容体中の 5-HT1Aの、かつ、C-1019G 置換変異 のみを対象にした複数の論文からデータだけを抽出して書いたものです。

Bセロトニン5-HT1Aは、英文ウキペディアによれば、記憶・学習・(気分としての)不安、鬱、統合失調症患者の様々な症状、鎮痛、他者への攻撃性の高まり、 (興奮系に作用する)脳内のドーパミン放出などと関連作用があります。

Cセロトニン受容体と記載しておりますが、受容体(recepter)が何らかの理由により(遺伝性疾患又は薬物等)、全く機能しない場合、 体内にセロトニンが存在しても同様に全く機能しません。この点は、受容体(recepter)の機能が弱い場合も全く同じです

Dセロトニンを運ぶ役割を果たしているセロトニントランスポーター (5-HTTLPR) と、セロトニン受容体は全く異なります。

セロトニンを運ぶセロトニントランスポーター (5-HTTLPR) について、日本人は機能が弱い=不安やうつに陥りやすいことは、事実かもしれませんが、韓国人・中国人・日本人とも 下記の論文データが示す通り、同じ東アジア人として、全く同じような傾向を示しています。


これに対し、セロトニン受容体5-HT1A多型は、冒頭に掲げた表で一目瞭然であり、韓国人は、 日本人・中国人と全く異なる傾向を明確に示しています。 セロトニン(受容体)5-HT1Aの多型こそ、たった1カ所の変異(SNP)とわいえ、韓国人遺伝子の異様性・異常性を象徴するものであることは、間違いないでしょう

*No Effect on Body Dissatisfaction of an Interaction between 5-HTTLPR Genotype and Neuroticism in a Young Adult Korean Population
によれば、韓国人でS/S型(ショート型)が約57%

*Voxel-based morphometric brain comparison between healthy subjects and major depressive disorder patients in Japanese with the s/s genotype of 5-HTTLPR
によれば、日本人でS/S型(ショート型)が約65%

*Serotonin Transporter Gene-Linked Polymorphic Region (5-HTTLPR) Influences Decision Making under Ambiguity and Risk in a Large Chinese Sample
によれば、中国人でS/S型(ショート型)が約52%

以下のリンク先は記事筆者が、全力を投じて書いたものです。非常にむづかしい内容ですが、読んで頂ければ幸いです。







Bこの遺伝子のC/G(ヘテロ接合型), G/G(ホモ接合型)多型とうつ病・双極性障害等の精神疾患との関連を追及する多数の論文があります。 しかし、重要なのは、何らの精神疾患・パーソナリティー障害を有してはいない健常者ですら、これらのC→Gへの置換変異を有する者は、特に、ホモ接合であるG/Gの者は 確実に精神機能の低下が生じるようです。論文4 より引用

Interestingly, as in affective function, the G allele in healthy participants is also associated with a decrease in cognitive ability such as in error detection and attentional processing

C上記のように、韓国人は感情の制御系としてセロトニン受容体遺伝子中において、他の民族集団に比べ 、G/G(ホモ接合型)が圧倒的に多いことは、 韓国人が、少なくとも、感情の制御において正常な人々ではないことを明確に示しています。 韓国人は、集団として見た場合、感情の制御ができない者が圧倒的に多いという意味において、完全な精神異常民族です。疑問の余地は全くありません。 反論があるのであれば、反証論文をご連絡ください。なお、韓国人は、ノーベル賞はいうまでもなく、全63もの国際的な科学関連賞の受賞者が 唯の一人もいないことは、韓国人が完全な精神異常民族であることの現象面での確実な証拠です




画像クリックでユーチューブ映像を表示


画像クリックでユーチューブ映像を表示


画像クリックでユーチューブ映像を表示


画像クリックでユーチューブ映像を表示

D司馬遼太郎さんは、「耽羅紀行」(=済州島紀行)において、韓国人男性の「激情」に辟易した旨を書かれていますが、 下に引用したように、韓国人の、特に韓国人男性の「激情」は明白そのものであり、 その遺伝的な原因は、ほぼ確実にセロトニン受容体遺伝子多型の韓国人の異様な分布にあったのです。 繰り返しますが、韓国人固有の遺伝子変異が原因なのではなく、遺伝子変異頻度の分布(多型分布)が、遺伝的には極めて近い関係にある日本人・中国人とは全く異なることが原因であったのです

「朝鮮事情」 C・ダレ
P269 成長した後は、男も女も見境のないほどの怒りを絶え間なく爆発させるようになる

「悪しき半島国家韓国の結末」 宮家邦彦(元 外交官)
p32 民族性と言えば、昔から「韓国人は正気を失うほど激しく怒る」とか「韓国人は自分の感情をコントロールするすべをあまりにも知らなさすぎる」といった批判が聞かれる。

【ご参考】

@セロトニン受容体(5-HT1A)遺伝子の遺伝子名の表記としては、NCBIによれば、HTR1A,G-21,5HT1a,PFMCD,5-HT1A, 5-HT-1A,ADRBRL1,ADRB2RL1があります。 NCBIとは、National Center for Biotechnology Informationの略記であり、アメリカ国立生物工学(バイオテクノロジー)情報センター。

A多型頻度分布ではなく、韓国人固有の変異(バリアンツ)から見た場合でも、韓国人は、DNA全体として、確実に極めて特異です。










2024年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

日付は、降順

朝鮮学校を卒業した在日コリアンに関する画像メモ
高麗における遺伝的異常の発生と奴婢制による集団内への定着
朝鮮学校授業料無償化に関する朝日新聞 堺泉州版地方面のあまりにも酷い記事
アメリカ食品医薬品局による韓国人DNAを対象とする集団遺伝学論文についての大規模サンプル他論文による検証
韓国人(朝鮮人)の対日工作マニュアル
韓国人遺伝子の完全な異常性の例:セロトニン受容体遺伝子多型
李氏朝鮮時代において、黒 以外の安価な染料はなかった
韓国旅行を計画されている日本人女性への注意喚起
中国の台湾進攻と北朝鮮特殊部隊による日本の原発破壊・韓国への侵攻は必ず同時に起きる
日本人の起源としての中国の少数民族
朝鮮人固有の遺伝子変異の圧倒的大部分は精神疾患・パーソナリティー障害に関連している
日本人と韓国人は遺伝的にはほぼ同じというデマ
集団遺伝学論文から見た韓国人
韓国の異常性を示すデータ一覧
野田聖子氏は政界引退すべきである
Uniqueness of The Koreans gene(英文)
朝鮮人DNAの異常性と二重構造モデル
サムスンは4.2日に1回も特許侵害で告訴されている
火病と韓国人の精神疾患
高麗へのモンゴル軍侵攻が朝鮮史の決定的な分岐点
ベトナム人DNAはタイ人とほぼ同じ?まさか!
西欧人が見た朝鮮半島の人々の真の姿
ユダヤ人は何故優れた頭脳を有しているのか?
韓国からの避難民流入防止のためにA
韓国からの避難民流入防止のために@
朝鮮人男性Y染色体の一塩基変異の異様性
コロナウィルスは人類に定着します
韓国人が「頭がおかしい」明確な証拠
朝鮮人従軍慰安婦の証言を検証
イザベラ・バードの「朝鮮紀行」から見た朝鮮人
朝鮮人遺伝子は近親相姦で異常=実にバカげたデマ
従軍慰安婦に関するイギリスBBCの報道内容
従軍慰安婦の真実
写真で見る朝鮮人遺伝子
韓国への制裁について
韓国のビザ免除国からの除外について
朝鮮人の遺伝子の特異性を明確に示す論文(アメリカ食品医薬品局)
朝鮮人の遺伝子の特異性とヒトゲノム
Y染色体遺伝子から見た日本人男性と朝鮮人・中国人男性との差
韓国海軍の火器管制レーダー照射に関する中央日報の報道の推移
ノーベル賞から見た韓国の異常性
大韓民国臨時政府について
朝鮮人ー 私たちから「遠い民族」
北朝鮮と朝鮮総連そして原発
スマホ・パソコンの画像を表示し、一部を切り取り
新たなサーチエンジン Ahoo Japan 登場
表示内容入力しないと送信不可フォーム
問い合わせ用ページへのロシアから攻撃
空母大鳳と原発事故ーその設計思想
「坂の上の雲」の謎
土生滝だんじり新調A続報
土生滝だんじり新調