韓国の異常な国民性は
ノーベル賞にも表れています




私が自分で調べたところ、韓国は、ノーベル賞他学術分野・建築・文学・写真等の全63もの国際的な賞(下にその全リストあります)の受賞者がゼロであるという驚天動地のデータを示しています。人口が韓国の半分以下の台湾は、既に計11名の受賞者がいます。つまり、韓国は知性において真に異常な国です。その理由は、韓国人の特異なDNAにあるとしか考えられませんでした。

お願いですから、サイト運営者の下記記事をお読みください。アメリカ食品・医薬品局(FDA)の韓国人DNAの特性に関する分析論文を元に、全てデータを掲げて、書いています。 韓国と北朝鮮の異常性を生起している主原因が、朝鮮人・韓国人の特異なDNA・遺伝子にあることが判ります


韓国人遺伝子の異常性へ




人口は、5000万以上、世界有数の非常に高い大学進学率(短大を含めて90%以上)、そして、1人当たりGDPは約3万ドル。(2017年時点でのデータ)

このデータが意味するのは、

@ノーベル賞は、たとえ文学賞といえども必ず高等教育を受けた者から出ます。つまり、人口×大学進学率は、この数値から、この中から、ノーベル賞受賞者が出る母数を意味します
A1人当たりGDPは、ノーベル賞受賞者が出るかどうかの社会環境を意味します。フィールズ賞(数学)と異なり、研究環境・研究設備が整っていなければ、ノーベル賞受賞者が出る可能性は、ほとんどありません。

これらの条件を、1980年より現在(2018年)に至るまで約40年間も、完全に満たしているにもかかわらず、
即ち、

@多い人口
A高い大学進学率
B1人当たりGDPが1万ドル以上
Cこれら条件の時間的継続

であるにもかかわらず、平和賞以外のノーベル賞受賞者が存在しない国、即ち、韓国です


ノーベル賞の受賞者数・人口・大学進学率の3つのデータから見た場合、韓国は明確に異常です

1人当たりGDPが1万ドル以上である国(69か国)を対象に、ノーベル賞の受賞者数・人口・大学進学率から、次の式で算出した数値を元に計算してみると韓国は、真に異常です。正確に言えば、非常に小さい確率でしか起こりえない現象です(日本のノーベル賞受賞者の業績の多くは、1990年代に発表されたものです。そして、韓国は、1980年には既にこれらのノーベル賞受賞者が出る条件を完全に充足していました。)

人口=p、大学進学率=h、ノーベル賞の受賞者数=r

(人口×大学進学率)/ノーベル賞の受賞者数=ノーベル賞受賞者数と高等教育修了者数の比

ph/r=K
Kは、対象国の何人の高等教育修了者から1人のノーベル賞受賞者が出ているのかを示す数値


@数学(フィールズ賞)や理論物理と異なり、ノーベル賞受賞のためには、研究環境・研究設備等が必ず必要です。このため、2018年時点で、IMF統計から1人当たりGDPが1万ドル以上の国を抽出したところ69か国でした。(注)

1人当たりGDPが1万ドル以下でも、数学ではイランのマリアム・ミルザハニのようにフィールズ賞受賞者が出ます。また、理論物理では、ワインバーグ・サラムの電弱理論で 非常に有名なアブドゥッ・サラーム(パキスタン人でノーベル賞受賞者)がいます。しかし、ノーベル賞受賞者の圧倒的大多数は、研究環境・研究設備の必要性から1人当たりGDPが1万ドル以上の国からしか出ません。 これは、数学や理論物理は、「紙と鉛筆」さえあれば研究できるためです。なお、韓国は、フィールズ賞受賞者もゼロです

Aこれらの国ついて、ノーベル賞受賞者1人当たりの高等教育修了者数を算出した散布図が、下記です。




この散布図を見ただけでも韓国の異常性は明確ですが、データを調べてみると、更にその異常性が一層明確化されます。

69か国の人口データの尖度が極めて大きく、結果、ノーベル賞受賞者1人当たりの高等教育修了者数データの尖度も高いため、正規分布を前提とするデータ計算・分析は意味がありません。

しかし、試しに行ってみたところ、韓国についてのみ、累積分布関数の値(=当該値を含めて、その値以下になる確率)は、ほとんどあり得ない小さな値(0.0000000015261551)でした。 分かり易く言えば、サイコロを約12回振って全て同じ数が出る確率と同じなのです。日常感覚ではありえない確率です

なお、この(数学上意義は薄いが、試しに行った)分析に基づけば、サウジアラビアについては、異常とは判定できません。5.2%です。
トルコについては、プラスのため、0.0000129となり、異常値ですが、1人当たりGDPが、$10,512とデータ抽出ラインギリギリである点からみれば、当然かもしれません。逆に言えば、データ抽出ラインを1人当たりGDP=$2万ドルにおくべきであったかもしれませんが、そうするとあまりにもデータ数が少なくなります。
 なお、エクセルの計算限界は、概ね10のマイナス16です。



なお、CSVファイル(エクセルのことです)が必要な場合には、下記クリックで元データを保存できます



ちなみに、韓国は、ノーベル賞以外についても下記のような信じがたい状況です。韓国と同様に日本の植民地であった台湾と比べても異様です。私は、作業しながら、「こんなことありえない!」 「韓国人が我々は優秀な民族と声高に叫ばねばならない理由がわかった」と強く感じました。また、韓国海軍射撃管制レーダー照射のような案件が生じた場合、日本は、このような極めて異常なデータを示す民族と 地理的に最も近いことを強く念頭に置かねばならないことを痛感します

平和賞以外のノーベル賞:日本23(日本国籍のみ) 台湾1李遠哲(台湾生まれ台湾大学卒でアメリカと中華民国の2重国籍)のみカウント
クラフォード賞(天文学と数学、地球科学、生物科学でノーベル賞の補完的賞である):日本5
ベンジャミン・フランクリン・メダル(科学技術全般):日本9
ショック賞(論理学・哲学」「数学」「視覚芸術」「音楽芸術」の4部門):日本2(数学と視覚芸術)
ウルフ賞(農業、化学、数学、医学、物理学、芸術の6部門):日本9(内訳は、芸術1化学1数学3医学3物理学1)

@数学
フィールズ賞(数学):日本3、ベトナム 1(ゴ・バオ・チャウ
アーベル賞(数学):日本0
ガウス賞(数学):日本1
コール賞 (数学):日本4
チャーン賞(数学):日本1
チューリング賞(計算機科学)日本:0

A物理学
ボルツマン賞(物理学):日本2
ローレンツメダル(理論物理学):日本ゼロ(何故、南部氏が受賞しなかった???)
基礎物理学ブレイクスルー賞(物理学):日本4
国際常温核融合学会賞(常温核融合):日本5
ジェームス・C・マックグラディ新材料賞(物理学で対象限定):日本7
ジュリアーノ・プレパラータ・メダル(物理学で対象限定):日本4
チャンドラセカール賞(プラズマ物理学):日本2、台湾1
ディラック賞(理論物理学):日本1(南部氏のみ)
ハイネマン賞(数理物理学と天体物理学):日本3
パノフスキー賞(素粒子物理学):日本3
ピーター・デバイ賞(物理化学):日本0 台湾1
ブルーノ・ロッシ賞(天体物理学):日本1
ブルーノ・ポンテコルボ賞(素粒子物理学):日本4
ベルント・T・マティアス賞(超伝導限定物理学):日本6 台湾2
ポアンカレ賞(数理物理学):日本1 台湾1

B医学・生理学
アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(基礎医学):日本6 台湾1
ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(臨床医学):日本1 台湾1
ウィリアム・コーリー賞(免疫学):日本4
ウォーレン・アルパート財団賞(医学):日本2
ガードナー国際賞(医学):日本12
国際ポール・ヤンセン生物医学研究賞(生命医学):日本1
ショウ賞(賞金が100万ドル=1億以上なので挙げました)(医学他):日本2
パウル・エールリヒ&ルートヴィヒ・ダルムシュテッター賞(医学):日本4
マイエンブルク賞"(癌研究のみ対象):日本2
マスリー賞"
ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(臨床医学):日本1 台湾1
ローゼンスティール賞(基礎医学):日本4
ロベルト・コッホ賞(医学):日本7
ワイリー賞(医学):日本2

C化学
アーサー・C・コープ賞(有機化学):日本2 台湾1
アーネスト・ガンサー賞(天然物化学):日本6
ウェルチ化学賞(化学):日本1
キラリティーメダル(化学):日本7
グレゴリー・アミノフ賞(結晶学):日本3 台湾1
シェーレ賞(薬学):日本1
デービーメダル(化学):日本1
テトラヘドロン賞(化学):日本7
ハインリッヒ・ヴィーラント賞(生化学):日本2
ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(生化学):日本1
ロジャー・アダムス賞(有機化学):日本2

D生物学 エルンスト・シエーリング賞(生物学):日本2
クラフォード賞(生物科学):日本4
ダーウィン・メダル(生物学):日本1
ハインリッヒ・ヴィーラント賞(生物学):日本2
発生生物学マーチ・オブ・ダイムズ賞(生物学):日本1

Fその他学術関係
ヤコブ・エリクソン賞(植物学):日本1
F.W.クラークメダル(地球科学):日本2
アーサー・L・デイ賞(地球物理学):日本1  台湾1


G建築
RIBAゴールドメダル日本4
プリツカー賞 日本8

H写真
ハッセルブラッド国際写真賞 日本4

I文学
ノイシュタット国際文学賞日本0
フランツ・カフカ賞 日本1

vs


韓国は、全てゼロ(朝鮮系アメリカ人を含めてさえも全てゼロ。確率上ありえません!)

通称ベンジャミン・W・リー(下記参照)でさえこれら物理学関係賞を全く受賞していないのです!バカで暇な人が調べた!そう思われるのを覚悟で調べました。行けども行けども朝鮮人が出てきません。 腰が抜けるほど驚きました。韓国の1人当たりGDPは、約3万ドルで、基礎科学研究院(IBS)等十分な研究環境にあります。 しかも高等教育終了率も0.9と非常に高いのです!台湾と比べても、明確に異常です

@あまりにも異常すぎるデータであり、その背景として次の引用をします。(引用内容は、ほんとかもしれませんが、誇張があると思われます。)
「韓国人の癇癪と日本人の微笑み」 柳舜夏より

「韓国で論文を盗用したとして告発されれた人の中に謝罪の色を見せた人は一人もいない。皆が慣行だと言い張る。私のケースで捕まるのであれば、韓国で生き残る教授はいないという発言をしたものまでいる。ある有名大学の総長は、自分の盗用を恥じるよりも先に自信を陥れた陰謀に対して憤慨した」

A韓国人(=朝鮮人)は、遺伝子からみた場合、アメリカ食品医薬品局(FDA)の準公表論文によれば、その異常性は明確です。韓国人サンプル35名のDNAをほぼフル解析し、他民族と比較した結果として、韓国人(=朝鮮人)特有の遺伝子変異を特定し疾病(正確には疾患感受性遺伝子)との関係を明確に示しています。上記に示したようなあり得ないレベルのデータの異常性の主原因は、韓国人(=朝鮮人)のDNAの特性にある可能性が高いと考えます。比喩的に言えば、「健全な精神は健全な肉体(DNA)に宿る」と言えます。そう言い切って間違いありません。上のデータ=結果とアメリカ食品医薬品局(FDA)の準公表論文が明確に示しています。



 真の天才といえる フィールズ賞の国別データです。人口比から見れば、フランスが他を圧倒しています。
実は、研究設備や研究環境に大きく依存するノーベル賞よりこちらが断然重要であり、はっきり言えば、遺伝子による民族の優劣というものが、もし存在するのであれば、詳しく調べれば結論が出ます。 特にイランに注目すべきです

アメリカ合衆国 :13
フランス : 12
ロシア: 9
イギリス:8
日本:3
ベルギー ドイツ イタリア イラン :2
オーストラリア、ブラジル、カナダ、フィンランド、イスラエル、ノルウェー、 ニュージーランド、スウェーデン、ウクライナ、ベトナム :1






下の表は、ノーベル賞1人当たりの高等教育修了者数の上位10か国です。
ノーベル賞の元データは、このサイトのデータであり、国籍に基づきます。従って、例えば、南部陽一郎氏は、アメリカとしてカウントしています。

国名 平和賞除く受賞者数 ノーベル賞1人当たりの高等教育修了者数 備考
ルクセンブルク 2 59,000 1名はユダヤ人
スイス 22 221,982
スウェーデン 25 247,752
アイスランド 1 250,800 文学賞のみ
イギリス 119 316,230
デンマーク 13 359,515
ノルウェー 11 381,818
ハンガリー 9 526,400
ドイツ 103 530,499
イスラエル 9 619,378


下の画像は、ハプログループIの分布です。男性のY遺伝子の分布です



気づかれるでしょう!ルクセンブルグ(人口は約50万でハプログループのデータなし)・スイス・イギリス・イスラエルを除いて、ピタリと一致していると!相関係数の計算は意味ありません。単純に6/9=3分の2です。

なお、上の画像中、バルカン半島付近で唯一50%を超え色の濃い国は、ボスニアヘルツェゴビナであり、2名のノーベル賞受賞者がいます。1人当たりGDP1万ドル以下のためデータに含みません。 また、ハンガリーのノーベル賞受賞者数は、上の表で、国籍に基づき9名としています。しかし、「ハンガリー生まれ」とすれば13名が正しいです。他の国との兼ね合いから、データ修正せず一括して、このサイトのデータを使用しています。

上の画像は、日本語版Wikipediaより。英文では、この画像はありません。数値では、ドイツ人24%、ハンガリー人28%である点に留意してください。

@ナチスドイツの「ゲルマン民族の優越性」は、データをノーベル賞に限定すれば、認めざるを得ません。(ただし、フィールズ賞データは、そうではないが)ノーベル賞のデータは、ほぼ明確に、かつての彼らの主張を裏付けています。
ただし、ナチスドイツが完全に誤っていたのは、ゲルマン民族ではなく、北欧、バルカン半島付近にに多く見られるハプログループ I の優越性であったのです。

「ハンガリー生まれ」のノーベル賞受賞者は、@物理学賞3名A化学賞4名B生理学・医学賞3名C経済学賞1名C文学賞1名計13名で、 偏在していません。 この数値で、計算すると、K=364,431であり、上の表のデンマークとノルウェーの間です。しかも、ハンガリーは、1人当たりGDPが、2017年時点でさえ約$15,000と69か国中61位のGDPであり、かつ、長くソ連影響下の共産圏であったことを勘案すれば、驚異的です。
いうまでもなく、ハンガリー人(マジャール人)は、ゲルマン系ではありません。

従って、ノーベル賞データからゲルマン民族(ハプログループ I1のみ)ではなく、ハプログループ I と断定できます

それにしても、分野を問わず、「ハンガリー生まれの」○○は、頻繁にみられる表現でしょう。

そして、スイスのハプログループ I の比率は23%です。サンプル誤差の区間推定幅は、何%程度なのでしょうか? もし誤差を広くとれば、7/9、イギリスとイスラエルが例外です

なお、イギリスは、実は、下記の別データによれば、イングランドに限定すれば、数値的には、ドイツ人とあまり差はないのです
(バイキングが、定住した影響と考えれます)

おまえは、アホか、上の図でヨーロッパ全体に広く分布しており、そんなことない!
eupedia.comというサイトに掲載されている別の調査データに基づいて ご覧ください。

参考までに、同じ調査データに基づくパプログループ I1の分布図を掲げておきます。パプログループ I1 は、I の下位区分であり、事実上、ゲルマン民族遺伝子です





A一方、ナチスドイツの「ユダヤ人の劣等性」は、明確に否定されます。通常、ノーベル賞・フィールズ賞受賞者の約20〜30%程度は、ユダヤ人とされていますが、単に、イスラエル1国で見ても、完全に否定されます

Bそして、韓国は?

韓国の国是である「我々は優秀な民族」は、ノーベル賞から見る限り、完全に否定され、むしろ、ノーベル賞という限られたデータは、
2018年時点で「1人当たりGDP1万ドル以上の69か国中で、最もハプログループ I の完全に正反対に位置する民族」であることを明確に示しています。

だからこそ、彼ら朝鮮人の考える野蛮な民族=日本人の支配下に置かれる状況に、35年間ですが、 なってしまったかもしれませんね?。 大韓民国臨時政府とは、 韓国が日本の植民地であった年数を、形式上だけでも(=我々の政府は、海外にあった!)、可能な限り短縮し、否定するために創出されたものです。そう言い切れます。自分で調べました。(リンク先ご参照)そして、その根本要因は、彼らの「我々は優秀な民族」という国是にあります。なお、韓国の場合は、少なくとも、2000年以降ノーベル賞目指して、多大なコストをかけてきたという特殊要素が更に加わります。

では、日本人は?

@最初にハプログループDの分布を掲げておきます。Dの下位区分として、D1bがあり、日本列島で突然変異が生じ誕生したと推定され、日本人男性に固有の遺伝子です。



A次にハプログループOの下位区分で見ても、我々と朝鮮人男性のY遺伝子の差は、地理的に非常に近いにもかかわらず、明確に存在すると考えざるを得ません。



上記のような遺伝子マーカー(Y遺伝子)による分析ですら、明確に異なる分布を示しており、これこそが、「文の文化=朝鮮(中国コピー)」と「武の文化=日本」の相違を生み出し、江戸時代の朝鮮通信使の「悔日観」に見られるように、当時の朝鮮人の日本人に対する優越感の基底をなす要因とせざるを得ません

韓国人は、他民族と同様に遺伝子に固有の変異を有する民族であり、その特性は、アメリカ食品医薬品局(FDA)により既に明らかにされました。しかし、現在の技術では、DNAと疾病との関係など肉体面の関係に限定されています。遠い将来、恐らくDNAと精神面での関係が明らかにされるはずです。その時には、韓国人の精神面での明確な異常性もDNAとの関係から明確になるでしょう。何故なら、2018年時点でのノーベル賞という非常に限られたデータからみれば、韓国はあまりにも異常すぎるからです



ちなみに、今後=2019年以降どうなるのかを見てみましょう。韓国は、ノーベル賞目指して、真に官民挙げて取り組んでいるようです。無駄な努力かもしれませんし、2018年時点では少なくとも「コストに到底見合わない」ことだけは確かです

@ノーベル物理学賞

korean physicistで検索しても、存命の韓国出身の物理学者を見つけるのが困難です。Benjamin W. Lee(1977年死亡)という理論物理学者がヒットするだけです。
このことから、少なくとも、2039年頃まで、韓国人がノーベル物理学賞を受賞する可能性は極めて低いです。何故なら、ノーベル賞は、業績を発表してから、15〜20年後に授与されるケースが非常に多いからです
なお、Benjamin W. Leeは、存命中、上に掲げた物理学関連のいずれの賞も全く受賞していません。このため、仮に長命であったと仮定してもその業績は、ノーベル賞に遥かに届かなかった可能性が強いです

Aノーベル化学賞

ノーベル物理学賞と同様に化学者の個人名を見つけるのが困難でした。しかし、このソウル大学のページで見ると、2000年〜2010年の世界の化学者トップ100人に韓国人が、3名も入っていますので、可能性はあると思われます。 しかし、上に掲げた化学分野の賞を韓国人の化学者は、誰一人受賞していませんので、確率は極めて低いでしょう 。なお、「世界の化学者トップ100人」は、世界の大学のランキングで有名なこのサイトに過去に掲載されたものです

Bノーベル医学・生理学賞
ノーベル物理学賞・ノーベル化学賞と異なり、個人名がすぐにヒットしました。Oh Uhtaekです。可能性は、あります。、韓国人初のノーベル賞受賞者は、恐らくこの王さんでしょう。 しかし、上に掲げた医学・生理学分野の賞を王さんは、全く受賞していませんので、その確率は極めて低いと推定します

現在の=2018年12月時点での、ノーベル賞や他の賞から見た韓国のすざまじいまでの異常性の解消は、王さんしかないかもしれません

その時、恐らく韓国は蜂の巣をつついたような大騒ぎになります。何故なら、「我々は優秀な民族」と「反日と侮日」が、韓国の「国是」であり、その「国是」に真っ向から完全に反するのがノーベル賞であったからです。

そして、現在のノーベル賞から見た韓国のとんでもない次元の異常性が解消されるはずです。

ちなみに、韓国の国家研究開発予算は約2兆円(国家予算は、約40兆円。いずれも2017年予算)で、予算比 (国家予算に占める比率)で恐らく世界1位であり、 しかも、2001年から基礎科学研究院(IBS)(個人・法人を含め、メンバー数は、5000)を設立し、「我々は優秀な民族」(私が思うに大爆笑!)の最大のネック解消に向けて、 即ち自然科学系ノーベル賞受賞に向けて国を挙げて真剣に取り組んできた経緯があります。

しかし、2018年時点では、1人当たりGDP・人口・大学進学率に加え、国の大きい支援を考慮すると、本当にどんでもない・想像を絶する状態です。

以上で、日本人の「ノーベル賞狂騒曲」を終わります。




2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

日付は、降順

従軍慰安婦の真実
写真で見る朝鮮人遺伝子
韓国への制裁について
韓国のビザ免除国からの除外について
朝鮮人の遺伝子の異常性を明確に示す論文(アメリカ食品医薬品局)
朝鮮人の遺伝子の異常性とヒトゲノム
Y遺伝子から見た日本人男性と朝鮮人・中国人男性との差
韓国海軍の火器管制レーダー照射に関する中央日報の報道の推移
ノーベル賞から見た韓国の異常性
大韓民国臨時政府について
朝鮮人ー 私たちから「遠い民族」
北朝鮮と朝鮮総連そして原発
スマホ・パソコンの画像を表示し、一部を切り取り
新たなサーチエンジン Ahoo Japan 登場
表示内容入力しないと送信不可フォーム
問い合わせ用ページへのロシアから攻撃
空母大鳳と原発事故ーその設計思想
「坂の上の雲」の謎
土生滝だんじり新調A続報
土生滝だんじり新調