韓国の異常な国民性の
主原因は、多分遺伝子です






つい最近まで使用されていた韓国の小学生向けの歴史教科書は、韓国人が「頭がおかしい」明確な証拠です。
2020年時点で、高校生以上の韓国人は、このような歴史教育を子供時代に受けていたのだ!という点を明確に認識することが、日本人にとって何よりも 重要です。文章では書かず、全て画像化しました 。(あまりにもバカバカしいので、実際はどうであったのかについて、複数の歴史書等から多数引用しました。)

なお、中学生・高校生向けの教科書では、次のような状況のようです。

大韓民国の物語 李栄薫
 
p77
「挺身隊という名目で朝鮮の娘たちを動員し、日本軍の慰安婦にしたが、その数は数十万に達した・・・。教科書はこのように記述しています。私が、自分の講義を受けている学生に直接確かめた事実ですが高校の国史の時間にこのくだりが出てくると、教師は今にも泣きそうな顔になり、生徒も涙したと言います。しかし。私はあえて言います。このような教科書の内容な事実ではありません。全く事実にそぐはないものもあり、似たような事実はあっても内容が誇張されていたり誤って解釈されているものが大部分です。ビックリされる方も多いと思いますが、単刀直入に言うと、そのような話はすべて、教科書を書いた歴史学者が作り出した物語です」

p121
「まず、一つ指摘しておきたい点は、慰安婦と挺身隊は別個の問題であるという事実です。私は機会あるごとに、この点について私の周辺にいる人々に話してきましたが、その度に、大部分の人たちは初耳だとって驚いていました。それほどに今日、大部分の韓国人は、挺身隊と言えば即ち日本軍慰安婦のことだと思っています。 中学校・高等学校の歴史教科書にもそのように書かれていますので、そのように考えるのも当然でしょう 」

p126 〜127
「言い換えれば、解放後から1960年代初めまでは挺身隊と慰安婦を同一視する、今日のような韓国人による集団記憶は一般的に成立していなかったということです。しかし、その間に、いつのまにか韓国民の集団記憶において挺身隊の実体が少しづつ慰安婦に変わっていったと考えらます。やはり小説からその好例を探すことができます。挺身隊を慰安婦として描写し始めた最初の事例ととして、1969年に発表された金廷漢の「修羅道」を挙げることができます」

上記はまさにそのとおりであり、 1970年代に韓国において最も定評あった600ページを超す分厚い歴史本である韓国通史 韓ウグン著には、従軍慰安婦や徴用工に関する記述は一切ありません。私が、韓国人は、「頭がおかしい」と断言した背景です。



朝鮮史(岩波全書) 旗田巍r>
P7〜9
武帝は、朝鮮を直轄領土に編入し、楽浪郡他(略)4郡をおき、郡をいくつかの県に分けた。(略)中国王朝の権力が直接に朝鮮支配することになった。(略)4郡新設から郡の消滅まで前後400年間、中国官人は朝鮮を支配したのである

P11
漢代の楽浪郡は戸数約6万・人口40万・属県25をもつ大郡であった。(略)平壌には中国の官人が住み中国風の官庁や住宅ができ、中国の美しい文物が持ち込まれた。(略)出土品は素晴らしい漢文化の典型を示し「楽浪文化という名で世界に知れ渡っている




上の画像矢印のように、万里の長城ではなく、千里長城があったそうです。ちなみに、韓国人学者による実にバカげた「歴史自慢」と「我々は常に被害者」意識が満載の分厚い歴史書によれば、高麗長城というのもあったそうです。大爆笑





朝鮮史(岩波全書) 旗田巍
P19〜21

朝鮮半島の中部・南部には韓という種族がいた。(略)高句麗族が狩猟民として発展したのに対して韓族は農耕民として成長した。(略) 当時の韓族、馬韓、辰韓、弁韓の3つに分かれていた。313年、前後約400年間続いた楽浪郡はついに滅亡した。




【朝鮮人の偉い人が、日本に色々教えてくれたそうです。】

朝鮮史(岩波全書) 旗田巍
P41〜44
高句麗・百済・新羅の3国が争ったのは、ほぼ4世紀から7世紀にわたる時代であった。(略)
6世紀の中頃に任那は新羅に併合され日本は朝鮮における拠点を失った。(略)
唐は(略)百済を討つことにし(略)百済征服に成功した。(660年)(略)
百済救援は失敗に終わった(663年)

P46
新羅が朝鮮を統一するまでは、朝鮮は政治的に分裂していただけでなく、種族的にも分裂していた。
(略) 言語・習俗が違い、両者を統一した朝鮮人はまだ成立していなかった。
P55
新羅は唐を宗主国と仰ぎ年々使節を送るほかにたえず留学生・留学僧を派遣して唐文明の学習に努めた。(略)新羅が最大の努力を傾けて学んだのは仏教文化であって、儒教文化ではなかった。




朝鮮史(岩波全書) 旗田巍
P64
農民暴動で口火が切られた地方の騒乱は、936年に高麗が朝鮮を統一するまで約半世紀間続いた。
P79
高麗時代になると、朝鮮仏教の全盛期が表れた

P97
高麗国王は元帝室の女を王妃とし、そこに生まれた混血児が代々高麗王となった。

P98
国王はしばしば開京を空にして元の都に住み、元の都から高麗の官人を指揮した。そこには朝鮮の君主としての形式までが失われている。(略)大元帝国の威光に頼る支配は前後約百年間続いた

P109
高麗王朝は滅亡した(1392)



【私は13世紀において、朝鮮人遺伝子に重大な変化が生じたのかもしれないと考えています。集団遺伝学でいうボトルネック効果に近い現象があった可能性があります】

朝鮮史 旗田巍 岩波全書
P95
「1254年における蒙古兵侵略の惨状は、「この年、蒙古兵に捕らえられた男女およそ20万6800人、殺戮せられた者は数えることができない。蒙古兵が通った州郡は皆廃墟となった」と高麗史に記されている」




【34ページに測雨器に関する説明ありますが、目盛りがないただの陶器製の筒です。優秀な我々は、昔から(実際にはない)数々の発明をしてきたのだ!ということを教え込みたい意図でしょう。

しかし、世界の都市の物語 ソウル 姜在彦 P255 「測雨器を設置して雨量を測定して、降雨量によって左右される米作の豊凶を予測した。王朝政治の農本主義を象徴する施設であった」そうですが、逆に言えば、農本主義にもかかわらず、天水田と呼ばれる自然降雨のみに頼る水田が多く、日本と異なり、ため池がなかったことを示します。つまり、この測雨器は、同時期の日本と異なり水田水利が非常に未発達であったことを示しています。なるほど、さすがに優れた先進文化を有する優秀な民族ですね!】

世界の都市の物語 ソウル 姜在彦
P44
「朝鮮という国号」
1392年7月(略)李成桂は、(略)明の皇帝に使いを出して(高麗王からの)禅譲を受けたいきさつを述べ、その承認を求めた。(略)明の皇帝は、(略)国号を改めて報告するように要請してきた。 李成桂は大臣たちと協議した結果、朝鮮と和寧の二つのうち、そのいずれかの裁決を(明に)要請したところ、「ただ朝鮮の称こそ美しく、かつその由来するところが遠い」と(明が)回答してきた。1393年にこれを国号として公布した 。

上記のように、自分達の国の名前すら、中国に決めてもらったのです!

朝鮮史 旗田巍 岩波全書 P157
李朝の後期は暗い不安な社会の連続であった。災害はひっきりなしに起こった。(略)特に顕宗12年(1671年)の飢饉時には、上と疫病で死ぬものは日軍侵略による死亡よりも多く、 飢民は公然と墓を暴いて死体の衣をはぎ取り、子を道や溝に捨てる者が続出する惨状であった(略) 1671年でも飢民が死肉を食った有様であり、その25年疫病流行の時には死者50〜60万人を出した。 (略)(1812年)には、飢民の数は、平安道90万人、黄海路52万人、江原道12万人、成鏡路40万人、京畿道7万人にのぼり

庶民たちの朝鮮王朝 水野俊平
P189
実は煙草は日本からもたらされたものであった

P220
漢城の庶民生活の中でよくわかっていないことの一つが糞尿をどのように処理していたのかということである(略)便所は屋内に作られず(略)個別の建物として建てられた

P233
朝鮮王朝実録には疫病(伝染病)の流行に関する記事が数多く登場する。特に朝鮮時代後期に入って疫病は大々的な流行を見た。(略)17世紀中盤から19世紀中盤にわたる伝染病の流行は国家の人口を激減させた。1660年〜1864年の間に死亡者が多数発生した疫病は79回にわたっており、そのうち10万人以上が死亡した場合は6回もあった。(略)朝鮮時代に最も猛威を振るった疫病は天然痘と麻疹であった


韓国通史 韓ウグン著 平木眞訳
p379
朝鮮王朝の工芸の中で、もっとも代表的なものといえば、それは白磁である。(略)前期には、中国から輸入してくる以外になかった青色顔料が、この時期には国内でも生産されるようになり、

なお、「韓国通史 韓ウグン 著」 は、翻訳者によれば、1970年代において、「現在、本書は韓国でもっとも定評のある、代表的な通史として読まれており」(同書P604)とのことですが、600ページを超す分厚い歴史書であるにもかかわらず、従軍慰安婦や徴用工に関する記述は、一切全くありません。完全に全くありません。そして、著者は、朝鮮史の近現代史を専門としているのです。私が、この記事のタイトルに「韓国人は頭がおかしい」=「韓国人はキチガイ」とした理由をご理解いただけると思います


だからこそ、李朝朝鮮末期に、朝鮮半島を訪問したイギリス人未亡人は、次のように明確に言い切っています


イザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」
P11〜12

手工業は不振である。(略)美術工芸は何もない




【豊臣秀吉の文禄の役、慶長の役に対抗した朝鮮の兵器です。当然、当時の日本の武士に全く歯が立たず、明軍の救援により朝鮮半島は救われました。しかし、救援に来た明軍の乱暴狼藉が酷いものであったと伝えられています。旗田氏前掲書】


@庶民たちの朝鮮王朝 水野俊平
P22
研究者によって異なるが、16世紀には全人口の3割ないし5割近くを奴婢が占めていたとされる。

P25
奴婢の逃亡は、18世紀にはいいって急激に増加し、奴婢人口の減少につながった
(ここでいう奴婢とは、奴隷のことです。日本史にはほとんど奴隷の記述はありませんが、朝鮮史の最大の特徴です)

A司馬遼太郎「耽羅紀行
P230
「朝鮮にも車を導入せねばならない」という話である。(略)大八車の類の車のことである」そのころ朝鮮には、肩引きや動物にひかせる車さえなかったというのは、文明史的な驚異である。朝鮮人ほど思弁的能力の高い民族が 、形而下的な面になると車ももたなかったというのは、要するに朱子学的な政治のせいであるまいか。ついでながら、多少の車は存在していた。 物資の流通のために使われる車がなかったということなのである。(P231)

(驚くべきことに、司馬さんが上記のように書いておられるように、18世紀末ですら、朝鮮半島には、「大八車の類の車」すらなかったのです。)

B武田幸雄編「朝鮮史」
「水田では、従来南部地方でのみ行われていた移おう法(田植え)が、17・18世紀にかけて本格的に普及し、」

(18世紀になるまで、田植えせず、水田に直接、撒いていたことはコメの生産力が非常に低かったことを示します)

Cイザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」
P166
朝鮮人の農耕法を見る機会に恵まれた、日本人の細かなところにも目のいく几帳面さや清国人の手の込んだ倹約ぶりに比べると、朝鮮人の農業はある程度無駄が多く、しまりがない。

D朝鮮事情 C・ダレ 東洋文庫
(19世紀後半の李朝朝鮮末期において次のような状態であるとフランス人には、見えたようです)
P268
風紀の腐敗は想像を絶し、「人々の過半数は、自分たちの真の両親を知らない」と大胆に断言さえできる

Eイザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」
(上記の点については、イギリス人も同様に「想像を絶する程に乱れ」としています。今日の韓国では、「自ロ他不」という四文字熟語があり、「自分がすればロマンス、他人から見れば不倫」の略語であまりにも頻繁に使われるため、四文字熟語化してしまったとのことです)

P361〜P364
完全に蟄居するのが上流階級では厳然たるルールなのである。女性には専用の敷地と住まいがあり、男性用の住まいの窓はその方向にあけてはいけないことになっている。 客も訪ねた家の女性については一切言及してはならない。(略)女性の蟄居は500年前、社会腐敗の酷かった時代に家族を保護するために現王朝が導入した。 それが恐らく今日までずっと続いてきたのは、ある朝鮮人がヒーバー・ジョーンズ氏に率直に語っているように、男が自分の妻を信頼しないからではなく、 都市社会と上流階級の風紀が想像を絶する程に乱れ、男同士が信頼しえなかったからである。




日本語訳でたったの145ページに過ぎない歴史教科書で、わざわざ3ページにもわたって、朝鮮通信使について、「日本に教えに行ってあげたのだ」式に記述している点に充分ご留意ください。
朝鮮通信使の名目上の目的は、下記の通りであったようです。




ちなみに、李朝朝鮮末期に朝鮮半島に滞在していたフランス人のダヴリュイ主教(1866年にソウルで処刑)が取集・整理しかけていた資料を基礎にして書かれた「朝鮮事情 C・ダレ 東洋文庫」によれば、次のとおりであり、フランス人の目には、朝鮮通信使は日本に朝鮮人参等を貢納するために行っていたと映ったようです。

P33
「豊臣家が滅亡した後の1615年、日本国の頭(徳川家康)は、最終的に朝鮮と平和条約を結んだ。その和平の条件は、朝鮮にとって非常に厳しく、しかも屈辱的なものであった。
(略)この野蛮な貢ぎ物は、米、布、人参等の貢ぎ物に代えられた(略)1790年まで朝鮮国王は即位通告の為、また10年に一度の貢納のために、日本に特使を遣わせなければならなかった。それ以降は、使節は対馬まで行けばよく、このため盛儀などの費用のうえで在来よりも数段に負担が軽減した」



徐仲錫 成均館大学教授の論文「日帝の朝鮮強占と韓国の独立運動」より引用しておきます。ちなみに、この小学生用韓国の国定教科書の作成に左記の人物は、深く関与していると推察します。

P31
「日帝は1910年に韓国を強占した。これにより韓国は歴史上初めて外族の直接的な支配下に入った。一時、朝鮮半島の一部が外族の支配下に置かれたことはあり、高麗は1世紀近く元の内政干渉を受けた。しかし、日帝の強占期のように外族の直接的支配を受けたことはなかった。(略)しかしながら、韓国人は長い間独自の国家を営んできた。そして、日本に文化を移植したという点に自負心を持っており、日本文化をさげすみ、

【楽浪郡の存在を完全否定し、高句麗のみを外族とし、中国人は、外族ではないと考えているようだ。この人物こそ、韓国の極端な歴史捏造の中心人物の可能性が極めて高い】

P40
日本は、同化主義を云々するほどの歴史を持ってはいなかった。

この韓国人が書いた歴史論文に対する森山茂徳首都大学東京都市教養学部法学系名誉教授の批評文が最後に掲載されていますので、引用します。

「本研究は植民地期に関する現在の韓国の研究状況を概括かつ代表する概説的研究といえよう。その意味で、本研究は些か大部で叙述的だが、植民地期の状況の一端を理解するのに役立つと評価できる。」

「第二に、後半部の韓国独立運動に関しては、まず、諸運動が絶え間なく継続的に展開されたという印象をもちやすい恐れがある。ここでも一貫性が強調されている。しかし、それならば、何故、独立運動は成功しなかったのか、韓国は何故、自力で民族解放できなかったのか、これらに関する回答は不十分といえよう」

「第三に、最大の問題点として、植民地期における韓国人の対応が、独立運動以外、全く描かれていない。」

【なるほど!しかし、私は、頭のいかれた上記韓国人の歴史学教授にこう言いたい!私が非常に時間をかけて調べたこのデータを見てみろ

また、「貴方は、韓国人に推定値で最小0%〜最大18%程度存在するDNA異常者の可能性が極めて高いですね。FDA(アメリカ食品医薬品局)の論文が正しいのであれば、そう考えざるを得ません!」と言いたい!】



【我が国の先進文化を受け入れようと日本は努力したのだそうです。ところで、先進文化を有する優れた民族が、何故日本の植民地を経て、国際的には、1910年以降、日本国内にされてしまったのでしょうか?】

庶民たちの朝鮮王朝 水野俊平
P249
一般的に朝鮮時代の庶民生活については、朝鮮末期の西欧人の見聞録によってその後進性ばかり強調されたり、植民地支配以前の朝鮮文化を称揚する観点からその優秀性ばかり論じられる傾向がみられる。

(まさしくそのとおりですが韓国人どもの特徴として、「限度を知らない」という点があります)

イザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」
P11〜12
手工業は不振である。(略)美術工芸は何もない

(19世紀末の李朝朝鮮を訪問したイギリス人未亡人が、「美術工芸は何もない」と断言しているにもかかわらず、江戸時代の朝鮮通信使は、「日本人に色々教えてあげた」のだそうです。この「日本に教えてあげた」タイプの言い回しは、韓国の小学生向け歴史教科書に頻繁に見られる表現です)

P22
釜山の旧市街はみすぼらしいところだと私は思ったが、朝鮮の一般的な街のみすぼらしさはこの町と似たり寄ったりであることを後の体験で知った。 狭くて汚い通りを形づくるのは、骨組みに土を塗って建てた低いあばら家である。窓がなく、屋根はわらぶきで軒が深く、どの壁にも地面から2フィートのところに黒い排煙用の穴がある。 家の外側にはたいがい不規則な形の溝が掘ってあり、個体および液体のごみがたまっている
<>
画像クリックで、アメリが議会図書館の該当ページへ



1905年日本は朝鮮半島を保護国化し、1910年併合により、朝鮮半島は、国際的には日本国内となりました。
大韓帝国は、満州国同様に、日本の傀儡国家です。

この小学生向け教科書は、「初等教育の実施等朝鮮半島の近代化を優秀な我々が独自に進めていたのだ!」と子供に教え込もうとする意図が非常に鮮明であるのが特徴です。
言うまでもなく、初等教育は、1910年日韓併合以降に開始され、1909年併合前にその前提として戸籍整備を行い、その時初めて、朝鮮半島の正確な人口が判明し、全ての朝鮮人が、金・朴・李 などの姓を有することとなりました。



上の写真は、国定歴史教科書からで、撮影年月日は不明ですが、高宗皇帝となっています。韓国では、天皇陛下のことを一般に日王と呼ぶのに、皇帝なのですね!
重要なのは、1910年以降は、上の人物は、皇帝ではないという点です。1919年に死亡されてますので、最晩年の写真でしょう。

下の写真は、1904年撮影であり、アメリカ議会図書館の画像ライブラリーからです。
随分印象が異なりますが、この写真が、高宗(皇帝)の在位当時の実際の写真です。
ちなみに、大韓帝国自体が、事実上日本の傀儡国家に過ぎず、その皇帝など、どうでもいいですが、世界の都市の物語 ソウル 姜在彦 P318 「大韓民国のラストエンペラーは、厳密に言えば、1907年7月20日、第26代高宗に代わって皇帝となり併合を迎えた第27代純宗である」だそうです。



【全ての韓国人は、頭がおかしいと、韓国人である朴正熙(日本名:高木正夫、朝鮮人志願兵で元関東軍将校、元韓国大統領)が言った場合、高木正夫(朴正熙)は、嘘を言っているのでしょうか?韓国の教科書では、1910年〜1945年の間、頭のおかしい韓国人が、国際的には、完全に日本人として扱われていたことすら、完全否定しています。】


イザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」
P38〜P39

城内ソウルを描写するのは勘弁して頂きたいところである。北京を見るまで私はソウルこそこの世で一番不潔な街だと思っていたし、紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどい匂いだと考えていたのであるから !

都会であり首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい。礼節上2階建ての家は立てられず、したがって推定25万人の住民は主に迷路のような地べたで暮らしている。

路地の多くは荷物を積んだ牛同士がすれ違えず、牛と人間ならかろうじてすれ違えるほどの幅しかなく、おまけにその幅は家々から出た個体および液体の汚物をうける穴か溝で狭められている。 悪臭ぷんぷんの(略)瓦屋根の反り返った上流家庭の家屋でも、通りから見た体裁の悪さという点では何ら変わりはない。 商店も概してみすぼらしいのは同じである。在庫品全部買っても6ドル程度の店がたくさんある


「日本の朝鮮統治を検証する 1910年ー1945年」(ジョージ ・アキタ、ブランドン・パーマー著 塩谷訳)
P176
1904年当時、学校教育は主に首都ソウルに限られており、しかもそこには、小学校がわずか7・8校あるのみだった。
人口千二百万人の朝鮮で、近代的な公立学校に通っている生徒の総数は5百人程度だった。(途中略)朝鮮の公立小学校の生徒数は、1910年の2万2百人から1937年には、約45倍の9百1万千2百9人に増えている

大韓民国の物語 李栄薫 P97
1910年から1940年における韓国の経済は年平均にして3.7%の成長を見せていました。同期間における人口の増加率が年平均で1.3%でしたので、一人当たりの実質所得は年平均にして2.4%増加したことになります。このような成長率は同じ期間における主要な資本主義国家が停滞と危機の時代だった中で、世界的に見て高い水準でした




日帝の侵略によって、あなた方の国は、どうなったのか?データとして、人口推移を取り上げ見てみましょう。ここでは、徐仲錫 成均館大学教授に代表されるように頭のいかれた韓国人歴史学者を相手にせず、1975年にソウル大学の正常な韓国人学者が書いた朝鮮半島の人口推移の英文論文より引用します。

「Both Table 1.1 and Figure 1.1 clearly show that population growth had been almost stationary for about 230 years from 1678 to 1904」
「1678年〜1904年の間、230年の間、朝鮮半島の人口はほとんど増加せず定常状態にあった」のです。

何故なら、
「It is generally known that during the entire Yi Dynasty few technical innovations and little industrial development took place, and socioeconomic conditions remained pretty much the same」
「李朝朝鮮時代、技術革新と産業発展はほとんどなく、社会的経済的条件はほとんど同じであったことが一般に知られている」

これが、人口推移データからみた李朝朝鮮時代の真実です。では、日帝の侵略後に人口はどうなったのか?
「The Annexation of Korea by Japan in 1910 coincided with the first important turning point in the development and course of the Korean population. 」
「1910年の日本による韓国の併合は、朝鮮の人口に関する進展と推移における最初の重要な転換点と表裏一体である」

「Population had grown at an increasingly rapid rate during the twenty years 1915-1935, as is clear from Table I. 2. The population was reported as 19,020,000 in 1925 and increased to 25,120,000 in 1944 toward the end of the colonial period. 」
「(朝鮮半島)の人口は、表で明らかなように1915年〜1935年の20年間において急激な比率で増加した。人口は、1925年に19,020,000として報告され、植民地期間の終わりの少し前の1944年には、25,120,000 まで増加した」

キチガイども!これが明確な証拠だ!
私は、1975年時点では、この論文執筆者が、「The Annexation of Korea by Japan」「日本による併合」と言う表現を用いていたことに強く関心があります。韓国では、ベトナム戦争頃までは、漢字がよく使用されており、素人歴史マニアである私の記憶が正しければ、朴正熙は、猛虎師団と白馬師団の2個師団をベトナムに派遣し、猛虎師団の写真には、「猛虎師団司令部」と漢字で書かれていました。(多分、本多勝一氏の著作にあったはずですが、最低でも2000冊以上ある中から探し出せません)

しかし、その後急速にハングルという単なる発音記号の使用が進められた結果、今日の韓国では、若手の歴史研究者は漢字で書かれた一次資料を読み解くことができないはずです。
従って、キチガイ状態に陥ってしまうのです。

なお、現在の韓国の「キチガイ」の様子は、カイカイ反応通信というブログ記事のキチガイ韓国人のニュースへの書き込みを見ているとよく分かります。(翻訳されたニュースを読む必要は全くありません。それに対するキチガイ連中の反応のみ、お楽しみください。)
私も、「さて、キチガイ連中の反応を見てみよう」と思って、よく見ますが、日本人とは全然レベルの違うキチガイです。ただし、イルベ.comは、韓国内でごく少数派の特殊な人々ですので、ご注意ください。
みずきの女子知韓宣言(=運営者は、100%確実に日本人です)が、韓国の反応を最も正確に記述していましたが、更新が停止されてしまい、残念でなりません。みづきさん、大丈夫ですか?非常に気なります。多くの読者がいたわけですから、せめて1回だけも更新し、安心させてほしいと思います。



















大韓民国臨時政府は、中国上海で設立され、最終的には中国重慶に定着しました。米国国立公文書館のウェブサイトが公表している外交文書によれば次のとおりです。

The Ambassador in China (Gauss) to the Secretary of State Chungking,
 January 3, 1942—3 p.m.
[Received January 3—1:12 p.m.] 12. Department’s
320, December 22, 6 p.m.

The result of investigation and study which the Foreign Office is now making with regard to the Provisional Government of the Republic of Korea will determine the future attitude of the Chinese Government. I gather that the present attitude is not enthusiastic. Information with regard to the physical following and organization of the Provisional Government is not yet available here. There are reported to be no more than 200 Koreans in this area. There is a small corps of armed Korean volunteers with the Chinese Army. The local representative is named Tjosowang who describes himself as Foreign Minister. The extent of his contacts with revolutionary Korean forces is difficult to ascertain. The Provisional Government is understood to be dominated by the moderate Korean Independence Party, the strength of which is not known. I am told that the left wing National Revolutionary [Page 859] Party has a large following among Koreans in Manchuria, but that it is not accorded a place in the so-called Provisional Government.

Gauss



当時、中国重慶にあったアメリカ大使館のガウス大使が、「大韓民国臨時政府について調べよ」との本国指示に対し、ハル国務長官に返信した内容であり、英文趣旨は、次のとおり。

@(いわゆる大韓民国臨時政府についての重慶での)現在の動向は、熱烈なものではない。
A臨時政府の支持者と組織についてはわからない
B重慶付近にいる朝鮮人は、200人を超えていない
C中国軍と共に、武装した朝鮮人志願兵の小さな一つの部隊がある
Dtjo so wang=趙素ミが、重慶での代表であり、外務大臣を名乗っている
Eいわゆる大韓民国臨時政府は、穏健な韓国独立党(Korean Indenpendence Party)の支配下にあるが、その勢力は不明
F左翼の朝鮮民族革命党(National Revolutionary Party)の方が、満州において支持者が多い。

Cがいわゆる光復軍のことです。「重慶付近にいる朝鮮人は、200人を超えていない 」ことは確実ですが、より重要なのは、大韓民国臨時政府と称する朝鮮独立運動家グループの朝鮮本土(=当時は日本国内)への影響力です。

この点については、下記のガウス大使の本国への電信からみて朝鮮本土への影響力が、皆無に近かったことは、確実です。即ち、ごく少数の朝鮮人しかいない中国重慶にあったとされる大韓民国臨時政府は、到底、その名に値するものではありませんでした。(亡命者の数及び影響力並びに知名度の点から見て、チベット亡命政府は、その名に値するかもしれませんが、大韓民国臨時政府は、そのいずれの面においても、その名に値しません。しかし、韓国憲法前文にて、「大韓民国臨時政府の法統」と明記されています。)

The Ambassador in China (Gauss) to the Secretary of State
No. 335 Chungking,
March 25, 1942. [Received April 27.]

(上記の一部引用。赤字強調は、私です。)
The official Chinese attitude toward the Korean question, as outlined by Dr. Yang, is one of sympathy but hesitation to accord formal recognition to any particular group in the face of obvious disunity among the Korean expatriates and the inability of any one of their organizations to show that it has a real following among the Koreans in the homeland.



従って、個人的見解としつつも、ガウス大使は、下記の公式外交記録のように「大韓民国臨時政府は、(第2次大戦中の)ノルウェー・ベルギー・オランダのような亡命政府ではなく、むしろ朝鮮独立運動だ」 とはっきり明言し、その後、当該発言に関し本国政府の承認を得ています。結果、当然ですが、アメリカ・イギリスに加え、40人程度の朝鮮独立運動家グループとその家族をを養っていた蒋介石中国政府さえも、最後まで、彼らグループを亡命政府として承認しませんでした。当たり前です。 なお、韓国内では、ナチス支配下のフランスのビシー政府がいわゆる大韓民国臨時政府を亡命政府として承認したのだ!と信じられています。

The Ambassador in China (Gauss) to the Secretary of State
No. 2583 Chungking,
May 19, 1944. [Received June 2.]

(上記の一部引用。赤字強調は、私です。)
I replied that I had no instructions from my Government but that my personal view was that the “Korean Provisional Government” was not a Government in exile, such as the Governments of Norway, Belgium and the Netherlands, but rather a Korean independence movement and that the question of “recognition” is not a matter of moment to the United Nations or to those constituting the “Provisional Government” or independence movement.



よって、

武田幸雄編「朝鮮史」及び糟谷憲一他「朝鮮現代史」より

「3・1運動後 、多くの独立運動家が集結した上海も国外における独立運動の拠点なった。(途中略)この後、臨時政府に結集する勢力は減少し、実質的には独立運動団体の一つに過ぎなくなった」ことは、アメリカの公式外交記録からも明らかです。


<



中国重慶に存在したとされる光復軍は、1945年8月15日時点=日本の無条件降伏日でさえ、たったの339人という素晴らしい大兵力を有していました。
日本がポツダム宣言を受諾した情報が、中国重慶に伝わってから、 339人まで人員数が増加し、日本の無条件降伏後は、さらに増えて、最終的には500人程度。

下は、韓国内のニュースウェブサイトからの画像ですが、 米国国立公文書館のウェブサイトが公表している外交文書からみて、1941年時点では、せいぜい40〜50人程度であったことは確実です。筑波大学大学院のこの論文が光復軍について詳しく述べています。
 







【上の地図で大韓民国と記載されている付近は、現在の北朝鮮です】

本当はどうであったのでしょうか?1926年にソウルに生まれ、日本統治下で教育を受け、1951年にソウル大学法学部を卒業し1975年にカナダへ移住した一般人の回顧録 より引用しておきます。

「日本統治時代を肯定的に理解する」 パク・チャンウン
P261
 「統治後期は独立の動きはなく、とみに平穏
朝鮮が日本に合併されてから20年後の1930年頃、朝鮮の近代化作業は相当進展し朝鮮人の生活水準も向上した。海外の独立志士らは外交的にも軍事的にも何らの成果もあげ得なかった。国内で独立を主張する個人も団体も見当たらなかった。国内学生の抵抗運動も1926年の6.10万歳事件以後は影を潜めた。たまに学生らのサークル運動が摘発されることがあったが、全て小規模の読書サークルに過ぎず、彼らが裁判に回されても、その判決はたいてい懲役1年以内だった。(解放後、朴正熙時代には学生たちに10年とか無期とか死刑の判決もしばしば見られたものである)  
 世は日本統治下にとみに平穏であった。南韓で親日派を糾弾する若者たちの父母や祖父母の中に、当時反日運動に挺身したものは一人もいなかったはずだ。」

1945年時点で著者は既に19歳であり、日本の朝鮮統治時代の「生の声」です。確実に真実ですが、韓国でこんな内容を書けば親日派として厳しく糾弾されますので、出版自体が不可能です。


【日帝との独立戦争が、朝鮮(当時は日本国内)であったそうで、独立戦争に勝利し、独立したそうです。

ここで言う朝鮮内の「独立軍」とは、朝鮮から遠く離れた中国重慶の光復軍のことではなく、別の独立軍です。当たり前ですが、そのような独立軍は、当時の朝鮮内には存在していませんでしたが、史実に照らすと、国境近くのソ連領内に、金日成(北朝鮮の初代最高指導者ですが、複数人がこの名を使用していました)が率いていた一般には抗日パルチザンと呼ばれる小規模のはっきり言えば「強盗団」に近い集団が存在し、朝鮮内にて襲撃を行っていたことは確かです。

このため、現在使用されている小学生用国定教科書では、この「独立軍」に関する記述は、削除されています。】


イザベラ・バード・ビショップ 「朝鮮紀行」

P406
朝鮮の教育はこれまで愛国者や思想家や高潔の士を輩出せずにきている。(略)
狭量、マンネリズム、慢心、尊大、 手仕事を蔑視する誤ったプライド、 寛容な公共心や社会的信頼を破壊する自己中心の個人主義、2000年前からの慣習と伝統に隷属した思考と行動、知識に関する視野の狭さ、浅薄な倫理観、女性蔑視と言ったものは朝鮮の教育制度の産物 と思われる
上記は、19世紀末に朝鮮半島を訪問したイギリス人女性の記述ですが、今日においてもすべてあてはまり、韓国は全63もの国際的な学術関連賞の受賞者が全くいないという信じがたい結果に結びついています。

ここまで酷い歴史の歪曲と捏造を、正常な精神状態で行えるものなのでしょうか?強く疑問を感じざるを得ません。
現在の高校生以上の韓国人は、小学生時代、この教科書のように「日韓関係」を教わった。即ち、

「非常に優れた民族である我々は、李朝朝鮮末期と大韓帝国時代に独自に近代化を急速に進めていたにもかかわらず、日帝(=当時の日本)に強占され(韓国ではこう言います)、その進歩が大きく妨げられた。しかし、1945年の光復以降、再びその輝きを取り戻し、今日の韓国の発展があるのだ」
これが、この国定の小学生向け歴史教科書の要約であり、授業では、確実に教師は上記の旨子供に教えこんでいるはずです。


私が、強く主張したいのは、このような「あまりにも酷い嘘と欺瞞に満ちた教科書を策定する人々」と日本人との交雑(intercross)は、何が何でも絶対に避けなければならないという1点につきます。

朝鮮人の「嘘と騙し」は、古くから外国人の目にも明らかであったようで、ヘンドリック・ハメル(1630年 - 1692年)の朝鮮幽囚記には

「彼等は盗みをしたり,嘘をついたり,だましたり する強い傾向があります。彼等をあまり信用してはい けません。他人に損害を与えることは彼等にとって手柄と考えられ,恥辱とは考えられていません」

そして、20世紀末ですら、完全に親韓派の歴史学者ですら、韓国人について次の様に書かざるを得ないのです

朝鮮民族を読み解く 古田博司
p64
「実に朝鮮半島居住の朝鮮民族では、接待業は賤業なのである。韓国の場合、食堂、床屋、酒場などはとりわけ卑しまれる。悲しいことに、これには序列があって、食堂のウェイトレスは床屋の女店員をさげすみ、床屋の女店員は酒場のホステスを卑しみ、酒場のホステスは自分たちは旅館の女たちとは違う、「自分たちはあのようなチムスン(動物、禽獣)」ではないと力強く主張するのである」

北朝鮮の崩壊に伴う数百万と予想される韓国人の日本への流入は、100年以上の非常に長い年月にわたり、日本及び日本人に重大かつ決定的な悪影響を及ぼします。絶対の確信をもって言い切れます。なお、上記の記述は、在日差別ではないのか?とのご批判を頂くかもしれません。しかし、次のとおりなのです。

愚かな韓国人に鉄槌を 著者は朝鮮人の仮名
P66「 自国民にこれほどの差別意識を持つ韓国人ですから、外国人に対する差別は想像を絶するものです。特に黒人差別は同じ人間とすら見られないほど厳しいものです。在韓米軍の軍人や軍属と結婚する韓国女性もいますが、相手が黒人というケースはほとんど皆無といっても過言ではないでしょう」

P68 「在韓中国人に対する差別は生易しいものではありません。これほど歴史的に因縁の深い中国人が韓国で大きな中華街を形成できないのも、韓国人による華僑差別が酷いからなのです 。」

日本には、大きな中華街があり、黒人と結婚される日本人女性もたくさんおられます。そして、本当に遺憾ながら、韓国人と結婚される女性もいます。
下のボタンクリックで表示されるページは、私の見解が集団遺伝学からみてどうなのかについて、アメリカ食品医薬品局の論文及び韓国人の論文を直接引用する方式で、明確な証拠を提示したつもりです。前半部分は、非常に難しいでしょうが是非お読みください。






2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

日付は、降順

韓国からの避難民流入防止のために@
朝鮮人男性Y染色体の一塩基変異の異様性
コロナウィルスは人類に定着します
韓国人が「頭がおかしい」明確な証拠
朝鮮人従軍慰安婦の証言を検証
イザベラ・バードの「朝鮮紀行」から見た朝鮮人
朝鮮人遺伝子は近親相姦で異常=実にバカげたデマ
従軍慰安婦に関するイギリスBBCの報道内容
従軍慰安婦の真実
写真で見る朝鮮人遺伝子
韓国への制裁について
韓国のビザ免除国からの除外について
朝鮮人の遺伝子の特異性を明確に示す論文(アメリカ食品医薬品局)
朝鮮人の遺伝子の特異性とヒトゲノム
Y染色体遺伝子から見た日本人男性と朝鮮人・中国人男性との差
韓国海軍の火器管制レーダー照射に関する中央日報の報道の推移
ノーベル賞から見た韓国の異常性
大韓民国臨時政府について
朝鮮人ー 私たちから「遠い民族」
北朝鮮と朝鮮総連そして原発
スマホ・パソコンの画像を表示し、一部を切り取り
新たなサーチエンジン Ahoo Japan 登場
表示内容入力しないと送信不可フォーム
問い合わせ用ページへのロシアから攻撃
空母大鳳と原発事故ーその設計思想
「坂の上の雲」の謎
土生滝だんじり新調A続報
土生滝だんじり新調