韓国の異常な国民性の
主原因は、多分遺伝子です


(注)FDA論文解説の補足




(1) 韓国人による論文でも、@非同義変異が他民族に比べ多いこと A朝鮮人固有の変異が一部の者へ集中していること の2点が示されています


@非同義変異が他民族に比べ非常に多いことを示す韓国人論文


Extensive genomic and transcriptional diversity identifiedthrough massively parallel DNA and RNA sequencing of eighteen Korean individuals
Young Seok Ju他
2011年

論文中より直接引用

A subset of the nsSNPs showed remarkably high allele frequencies among the Koreans studied compared to other populations, including Europeans and west Africans represented in the HapMap project.

上記のように明言しています。HapMap projectには中国人・日本人が含まれており、nsSNPs(非同義一塩基変異)が、remarkably(顕著に)多いとしており、FDA論文が事実として指摘した点が別のサンプル(計18名)でも同様であることが確認しえます。つまり、FDA論文のサンプルであるKPGP(korean personal genome project)の韓国人サンプルに、全くの偶然でDNA異常者が極めて多かったという点は否定されます



A朝鮮人固有の変異が一部の者へ集中していることを示す韓国人論文

Korean National Standard Reference Variome database of whole genomes with comprehensive SNV, indel, CNV, and SV analyses
Jungeun Kim他
04 April 2018

論文中図1Aより

上のグラフで明らかなように、50名のサンプル中9名=18%が、他の者の2倍以上の変異を有しています。韓国人の場合、変異が特定の者に集中して多いというFDA論文と全く同じ結論です。

なお、この論文では、
Surprisingly, however, roughly half of the variants in ‘1000GP low frequency’ were classified as ‘frequent in KoVariome’.

とまで述べています。

(2)韓国人DNAの特性は精神面に集中して影響を及ぼしていると考えます、そのことを示唆する論文はあります。


現在の集団遺伝学の水準では、DNA及びその核心部分である遺伝子とヒトの精神面での関連はほぼ未解明の状態です。統合失調症・自閉症などの深刻な精神障害との関連すら明確にはなっていませんし、まして知能との関連はほとんど未解明です。

これは、髪の毛の色や太さ・瞳の色などの身体的形質の場合、単一の遺伝子によって決定されるのに対して、精神面の場合、複数の遺伝子が関与しており、かつ、挿入・欠失・置換の各変異以外のCNVsと略称される特定の遺伝子中の繰返し回数も大きな影響を及ぼしているため分析が極めて困難であることが原因です

しかし、確実に「ヒトの精神」と関連があることが判明しているX染色体上の遺伝子があり、MAOA遺伝子と呼ばれています。

MAOA遺伝子のタンデムリピートと呼ばれる繰返し回数の分布パターンは下記論文によれば、感情に基づく衝動的行動に結びつきやすいとされる低い繰返し回数が、中国人・日本人に比べ異常なほど多いのです

MAOA variants differ in oscillatory EEG & ECG activities in response to aggression-inducing stimuli
25 February 2019
SeungYeong Im 他

上記の論文で、サンプル数ベースでは、女性で4.2%(264名中11名)も2.5Rと略称されるMAOA遺伝子の短い繰返し回数が確認しえます。

上記論文には、いつもの韓国人の騙しがあり、染色体数を分母に論文中では1.2%と記載していますが、引用している台湾人・日本人の論文では、染色体数ではなくサンプル数を分母にしています。サンプル数を分母にすれば4.2%にもなり、中国人・日本人・アメリカ人に比べ40倍以上にもなります。

この比率は、アフリカ系米国人(黒人)とほぼ同じです。





MAOA遺伝子の短い繰返し回数は、明らかに自然淘汰の対象となっており、アフリカ系米国人(黒人)は歴史的に見て、過去200年程度しか暴力犯罪への刑罰を有する社会に属していませんでしたので(=奴隷としてアフリカから連れてこられる前)2Rの比率が高いのは当然です。

これに対し、中国人・日本人・朝鮮人は、歴史的に見て少なくとも過去1500年以上は暴力犯罪への刑罰を有する社会に属していました。

中国人・日本人の場合、MAOA遺伝子の短い繰返し回数2Rは、ヨーロッパ系アメリカ(白人)よりも更に低いのです。にもかかわらず、朝鮮人の場合には、驚嘆に値する結果が出ています。

(3)朝鮮人遺伝子の特異性を直接示すコロナワクチン接種後データ


FDAは、朝鮮人については、DNA中の核心部分である遺伝子領域に非同義変異が、中国人・日本人をはじめとする他民族(集団)に比べ多いことから、個別化医療に際しては、朝鮮人(主に在米コリアン?)には特別の注意が払われるべきだと推定しています。

言い換えれば、朝鮮人固有の非同義変異について、精神面での影響については現時点でほ遺伝学ではほとんど未解明であるため、やむなく肉体面に現れていると結論付けしています。

FDAの主張が正しいことを直接示すデータとして、コロナウィルスワクチン接種に伴う副作用及び死亡事例のデータを掲げておきます。

遺伝的に極めて特異である韓国人の場合、次の2点が問題となります

@集団内に非同義変異が多いため、ワクチンの有効性が他集団(民族)より8%〜18%程度低い可能性があること

A一部の者に集団固有の変異が明らかに偏って多いため、接種後に副反応によるかなりの数の死者が出る可能性が非常に高いこと。直接の死因は、FDA論文に従えば、例えば心筋梗塞・くも膜下出血等のため、韓国内では「ワクチン接種との因果関係はない」として報道されることは100%確実です

B韓国では、接種対象者が限定されていた2021年3月末までのデータを元に計算した場合、コロナワクチン接種による「突然死」の超過死亡が確実に発生しています。間違いなく、コロナワクチン接種副反応による死亡者が発生しています。

2021年3月31日時点で
  韓国 日本
出所 Yahooニュース及び総合ニュース NHK及び厚生労働省
接種開始日 2021年2月26日 2021年2月17日
3月末時点での
ワクチン接種完了者数
79.9万人
(医療・療養関係者のみ、4月1日以降高齢者への接種開始)
89.1万人
(医療関係者のみ、4月12日以降高齢者への接種開始)
3月末時点での接種後の死亡数
(出所記事の全文はコチラのページ注3に保存)
28人

@総合ニュース 4月1日11:08分配信記事による死亡者数。
AYahooニュースによればほとんど場合因果関係がないとのこと
2人

61歳女性1名(くも膜下出血)
26歳女性1名(脳出血、くも膜下出血 )

評価不能と結論付けされています


C韓国の医学雑誌に掲載されたこの論文によれば、韓国の全年齢・全死因を対象とする年間死者数は約30万人だそうです。単純に接種者数約80万人との比で年間4,800人、月平均400人ですが、コロナワクチン接種は3月の為季節性を考慮して死者数が25%程度多いと仮定すれば、接種者数約80万人中の500人が1ヵ月で死亡することとなります。下の表の韓国の死者数28人死亡は、一見、多い数ではなく、むしろ、日本が異常なまでに少ないように見えることでしょう。

しかし、対象となる集団が全く異なります。2021年3月末まで、韓国ではほぼ医療・療養関係者のみ、日本では100%完全に医療関係者のみがコロナワクチン接種を受けました。昨日まで、高血圧・貧血などの持病(基礎疾患)を有しているとはいえ、とにもかくにも普通に働いていた18歳〜65歳の人々が対象集団でした。このように入院もしておらず日常生活を普通に送り仕事をしていた老人ではない人が、ワクチン接種後に「突然死」したのです。

なお、韓国で高齢者への接種が開始された2021年4月以降は、
(韓国年間死者数約30万×当該月のワクチン接種者数/韓国の人口)/12 のコロナワクチン接種後死亡者(月当たり)が出ますが、3月以前は対象となる集団が全く異なります。

ワクチン接種とは無関係に、ご自身の知っている範囲でこのような事故・自殺以外の突然死を思い浮かべてみて下さい。20歳から60歳では極めて珍しいことにすぐ気づかれるはずです。

韓国のデータが入手できないので、下の表は平成27年「人口動態調査」による日本の10万人当たり年齢別かつ全ての死因の死亡率です

死亡率 男女平均
20-24 35.7 50.3 20.4
25-29 41.6 55.6 26.9
30-34 49.4 63.7 34.7
35-39 65.6 82.4 48.1
40-44 100.9 126.2 74.6
45-49 157.1 198.3 114.8
50-54 249.3 322.4 175.2
55-59 382.1 519.0 246.0
60-64 615.1 864.3 373.2



平成21年データ 死因別年齢別死亡者数

スマホの方は指でスライドしてください
年齢階級 全死因
悪性新生物

心疾患

脳血管疾患

肺炎

老衰

不慮の事故

自殺

腎不全

肝疾患

慢性閉塞性肺疾患
年齢階級
20〜24 2 960 222 170 42 17 - 568 1 474 5 7 4 20〜24
25〜29 3 561 339 207 84 48 - 507 1 739 8 18 2 25〜29
30〜34 4 931 802 412 177 49 - 546 2 003 18 65 1 30〜34
35〜39 7 786 1 694 774 478 91 - 722 2 474 27 216 9 35〜39
40〜44 10 375 2 792 1 240 862 137 - 729 2 418 50 440 16 40〜44
45〜49 14 584 4 762 1 850 1 348 202 - 843 2 470 69 723 17 45〜49
50〜54 22 686 9 084 2 791 2 047 376 - 1 099 2 763 136 990 32 50〜54
55〜59 41 934 19 036 5 050 3 501 935 - 1 748 3 325 306 1 508 102 55〜59
60〜64 61 606 29 858 7 450 5 074 1 767 6 2 262 3 050 564 1 872 257 60〜64

*医療・療養関係者には女性が圧倒的に多いため、全死因の年間死者数は、中央値である40〜44歳で見た場合、10万人当たり、季節性を考慮しても最大年間100人程度とみて絶対に間違いありません。

*自殺と不慮の事故死が、40〜44歳で見た場合、概ね25%程度、従って、病死は10万人当たり、年間75人程度

*病死のうち、「突然死」の比率の計算は非常に困難ですが、韓国でも日本でも2021年3月末までは、実際に医療に携わっている医療関係者、即ち入院闘病中の医療関係者以外の者にコロナワクチン接種がされたと考えます。

*従って、悪性新生物(癌)、腎不全、肝疾患、慢性閉塞性肺疾患等の「突然死」が少ない場合を除外し、心疾患(急性心筋梗塞等)、脳血管疾患(クモ膜下出血等)、肺炎(誤嚥性肺炎等)のみを「突然死」対象として計算すれば、10万人当たり、年間22人程度となります。1ヶ月あたりでは、@で既に季節性を考慮していますので、1.83人、誤差を考慮して多めに概算すれば、40〜44歳で見た場合で10万人当たり月2人程度が「突然死」するとみなせます。

*これをマスコミ報道の日本・韓国のコロナワクチン接種者数にあてはめると、韓国は16人、日本は18人が、コロナワクチン接種後に突然病死するかもしれないという数字を得ることができます。
(韓国と日本の死因構成に極度に大きい差はないと思われますが、その点を考慮して非常に多めの数値としています。出発点である数値を10万人当たり年間50人とすれば、上記の半分です)

D以上から、韓国ではコロナワクチン接種による「突然死」の超過死亡が確実に生じています。マスコミ報道の接種後死亡申告者数28名との差12人は、コロナワクチン接種副反応による死亡と考えざるを得ません。直接の死因が、FDA論文に従えば、心筋梗塞・代謝性疾患(糖尿病等)であるため因果関係がないと判定されたに過ぎないと思われます。
コロナワクチン接種対象集団が同じであった日本と比べれば一目瞭然でしょう。

(通常、超過死亡は過去10年間のデータを元に判定するでしょうが差が非常に大きいため間違いありません)

  韓国 日本
出所 Yahooニュース及び総合ニュース NHK及び厚生労働省
接種開始日 2021年2月26日 2021年2月17日
3月末時点での
ワクチン接種完了者数
79.9万人
(医療・療養関係者のみ、4月1日以降高齢者への接種開始)
89.1万人
(医療関係者のみ、4月12日以降高齢者への接種開始)
3月末時点での接種後の死亡数
(出所記事の全文は下に保存)
28人

@総合ニュース 4月1日11:08分配信記事による死亡者数。
AYahooニュースによればほとんど場合因果関係がないとのこと
2人

61歳女性1名(くも膜下出血)
26歳女性1名(脳出血、くも膜下出血 )

評価不能と結論付けされています




Yahooニュース 配信記事全文

2021年3/30(火) 15:29にYahooニュースがwowkorea.jp記事に基づき報じた内容


記事タイトル:新型コロナワクチン接種後の死亡届1件追加され計22件に...当局「事例調査中」=韓国

記事全文:

「新型コロナウイルス感染症予防ワクチン接種後に死亡した事例が、30日午前0時基準でさらに1件増加した。

韓国国内累積死亡申告事例は22件(人)で、これまでワクチンとの因果関係が確認された事例はない状況である。

30日、新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、新規死亡申告者は療養病院に入院していた80代の患者である。3月25日にアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた後、3月29日死亡したことが分かった。 この死亡者の場合、まだワクチンとの因果関係は明らかにされていない。

現在までに確認された情報は、接種を受け3日と17時間後に死亡した点と死亡者が基礎疾患を患っていたという点である。

現在までに韓国国内でワクチン接種後の死亡申告事例は計22件で、このうち16件に対する被害調査が行われた。新型コロナウイルス予防接種被害調査班は、このうち14件がワクチンとの因果関係が明らかにない、または認められにくいと判定した。

残り2件は結果判定を保留し、剖検結果を追加参考することにした。現在、剖検は16件のうち8件進行中であり、剖検完了結果を確認し最終的にワクチンとの因果関係及び死因を確定する。

一方、この日、接種後に異常反応が起きたと申告された事例は138件(人)増え1万485件を記録した。このうち1万348件(新規133件)は、予防接種後に頻繁に現れる筋肉痛、頭痛、発熱、寒気、吐き気などの事例であった。 痙攣など重症の疑い事例は10件を維持しており、アナフィラキシーの疑い事例は4件増え101件を記録した。アナフィラキシーの疑い事例は△アナフィラキシーショックの疑い事例△アナフィラキシー様反応の疑い事例△アナフィラキシーの疑い事例の3つに区分して分類する。」

(注)韓国で高齢者へのワクチン接種は、原則4月1日からスタートであり、記事内容の一部には疑問が生じます。赤字は私が入れました、剖検とは病理解剖のことです

総合ニュース配信記事から

2021.04.01 11:08配信

記事タイトル:コロナワクチン副反応新たに123件 うち死亡2件=韓国

記事全文:

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部によると、新型コロナウイルスのワクチン接種による副反応とみられる事例が1日午前0時までの24時間に新たに123件報告された。
このうち死亡事例は2件だった。ワクチン接種と死亡の因果関係は分かっていない。接種後の死者は計28人となっている。

 

重いアレルギー反応のアナフィラキシーとみられる事例の新たな報告はなく、重症とみられる事例は2件あった。死亡と重症疑い計4件の接種には、英アストラゼネカ製ワクチンが用いられた。  このほかの119件は筋肉痛、頭痛、発熱、悪寒、吐き気など、比較的軽い症状だった。 韓国でワクチン接種が始まった2月26日以降、副反応とみられる事例の報告は累計1万698件となった。前日までに1回目、2回目の接種を受けた累計88万9546人の1.20%に当たる。


ご参考


厚生労働省による公式発表資料をコピーしておきます。典型的な「突然死」です。ご冥福をお祈り申し上げます

@61歳女性

接種日時:令和3年2月 26 日 15 時 45 分

発生日時:令和3年3月1日時間不明

死 因:くも膜下出血

概 要:61 歳女性患者(妊娠していない)は、COVID-19 の予防接種のため令和3年2月 26 日 15 時 45 分にコミナティ筋注(注射液、ロット番号:EP2163、使用期限:令和3年5月 31 日、初回、筋肉内投与、左腕、61 歳時、単回量)の接種を受けた。患者は頭痛(予防接種直前の問診から)及び骨粗鬆症を有していた。ワクチン接種当日に、接種前後の異常として頭痛の訴えがあった。接種前に起こったものであった。本人より大丈夫だとのコメントで接種された。薬物、食べ物、他の製品に対してアレルギーはなかった。予防接種前、COVID-19 と診断されなかった。家族からのコメントによれば、患者はワクチン接種前から少し体調を崩していたようであった。副反応歴はなかった。コミナティ接種以降、COVID-19 の検査は受けていなかった。併用薬として、アセトアミノフェン(パラセタモール 200mg、4錠、投与量、投与回数、使用理由:接種に伴う関連疼痛及び発熱)が報告されたが、服用の有無は不明であった。 COVID-19 ワクチン接種の4週間以内に他のどのワクチンも接種しなかった。令和元年及び令和2年 12 月にインフルエンザ予防接種を受けており、その際に異常は見られなかった。令和3年3月1日、本剤投与前の患者の体温は 36.2 度であると報告された。ワクチン接種後 15 分間の経過観察時に異常は見られなかった。同僚は、ワクチン接種後の勤務時の患者の体調に変化があるようには見えなかったと報告した。令和3年3月1日(ワクチン接種3日後)、患者はくも膜下出血を発現し、この事象により死亡した。令和3年3月1日、患者は午後出勤予定であったが、出勤せず、連絡が取れなかったと報告された。報告医療機関(勤務先)は患者と連絡が取れないので、患者の家族に連絡した。夜帰宅した家族(患者の夫)が自宅風呂場で倒れているのを発見し、救急を要請した。午後5時近く(推定)救急隊が現地に到着した。午後5時、救急隊は報告医療機関に連絡した。救急隊現着時、患者は心肺停止状態であり、死後硬直が始まっており、挿管は不可能と報告された。報告医療機関とは異なる医療機関に搬送され、死亡が確認された。搬送中の経過、治療、病院到着時間及び病院到着時の身体所見は不明であった。死亡確認日時は令和3年3月1日午後6時〜6時 30 分頃と報告された。令和3年3月1日、搬送先の医療機関において髄液検査を行ったところ、血性が確認された。究明医によってくも膜下出血と診断された。同病院の医師は、副反応の可能性はないとコメントした。髄液検査は死因がくも膜下出血であることを示したが、最終診断は剖検結果によるとも報告された。令和3年3月 12 日の追加情報で、17 時 20 分頃、患者の夫が患者が死亡しているのを発見したと報告された。事件性がなかったことから、剖検は実施されなかった。


A26歳女性

接種日時:令和3年3月 19 日午後(時間不明)

発生日時:令和3年3月 23 日午前 11 時頃

死 因:脳出血(小脳)、くも膜下出血

概 要:3月 19 日ワクチン接種(1回目)。接種後、アナフィラキシー等なし。体調変化なし。3月 22 日 通常勤務。3月 23 日 夜勤だが出勤されず、家族へ連絡し、当院職員も自宅へ。家族、警察、救急隊が先に午後5時 15 分頃到着し、死亡確認された。検死により午前 11 時頃の死亡と推定された。AI のため当院へ午後7時 48 分到着。全身 CT の結果、頭部 CT、小脳左半球 CP Angle にかけ、直径 3.5cm の血腫あり、石灰化(+)で形態より血管腫や髄膜腫などの血管性腫瘍からの出血が疑われる。脳動脈瘤の可能性もあり。脳幹への圧排が左背側からあり、周囲にくも膜下出血のひろがりあり、側脳室内に血液流入あり。肺野では両側肺に中枢側を中心に肺水腫の所見あり。よって、小脳出血の脳幹部圧排、くも膜下出血等、脳出血を直接死因とした。