大工(植山)彫物(賢申堂)
完成が待ち遠しい




サイト訪問者の皆様へ。お願いですから、サイト運営者の下記記事をお読みください。読んで下されば、「日本人の危機」であることが、明確です。前半部分がむづかしければ、せめて韓国に関するすざまじいといえる異常なデータを列挙した後半部分だけでもお読みください。一刻も早く、韓国をビザ免除国から除外すべきです。何故なら、在韓米軍の実質的撤退が報じられているからです。


韓国人遺伝子の特異性へ

上の内容があまりにも堅苦しいので、もっと分かり易いページも作成しました。写真で見る朝鮮人遺伝子


土生滝町だんじり新調A 続報

 

@以下の内容は、非常に古い情報ですので、読まれてもほとんど意味はありません。土生瀧だんじりの新調については、町の公式サイトが設置されていますので、是非一度、町の公式サイトをご覧ください。

土生瀧だんじり公式サイト


A町内の有志の方が、作成された土生滝だんじりの曳行風景です。今は、病気で、比較的若くして亡くなられた方も映っており、私も懐かしいので何回か見させてもらいました。 同じ場面を複数の地点から撮影した場合も数多くあり、ビデオを探して、まとめるのに大変な労力であった思います。本当にご苦労様でした。

なお、土生瀧は、祭りで大きな事故は 全くありませんが、大事故防止の研究ビデオとして、一番最適な内容に思えます。いろんな視点=場所から撮影されたものを、時間と労力を費やしてまとめられておられます。「あん時は、サブかった!!!」だんじり祭のある地域以外ではわからない表現ですが・・・


本日(=平成27年9月1日)、「土生滝地車新調だより」が各隣組を通じて町内に配布された。我が家にも、月当番の親戚の人が、夕方持参してくれた。

なんと1億7200万集まったとのこと。驚くとしかいいようがない。
家の数は、215軒ほどです。
町内居住者は、勿論、町内以外から参加されている方も負担が大きいことでしょう


内訳は、個人→約1億4800万、団体→若頭・青年団2400万とのこと。
ところで、何故、30人組がないの?との疑問については、次の通りです。
土生滝では、後ろ梃子を25人組と名称しています。理由は、確かなことはしりませんが、 昔は、 どんす4本で、前から2人・2人・3人・3人=片側10人×2=20人+梃子尻1人=21人+屋根4人=25人でした。つまり、実際に、屋根と後ろ梃子の合計人数は、25人 でした。それで、誰かが、「そうしよう」と言い出したと推測しています。(第2次戦前では、これが15人であった様子。北町は、15人組)


話を本題に戻すと、25人組と若頭は、会計は、多分、今でも1本です。某町が、旧市をまねて、30人組と若頭に分けた際には、1円単位で残金を分割したと父方のいとこ から聞いたことがあるが、土生滝は、今でも、25人組長と筆頭は、おられますが、会計は、ひとまとめじゃないかな?思います。肝心の内容として、

@工務店は、植山

A彫り物師は、賢申堂(河合)

@は、何回か行ったことがあるが、Aは、名前すら知らなかった。なんでも、新調だより第一号で書いていたとのこと。

8月14日のブログ内容を読むと、だれでも、別の彫り物師の名前が思い浮かぶでしょうが、そうではありませんでした。 訂正いたしますが、私としては、残念無念としか言いようがないのが、正直なところ!!!!。
ただし、河合氏の(岸和田市内)新調第1号のだんじりなので、期待するほかないが、 やはり、「実績重視=土路幕等個々の彫り物ではなく、だんじり全体を」が安全と思うのだが?まっいいか!

アドレスが、habutaki.jpの土生滝だんじりのブログサイトが開設されました。町の公式サイトです。今後は、そちらご参照でこの実にくだらん記事は終わります。

お前は、アホじゃのう!そう思われのは承知のうえで、再度書きます。お願いですから、下記ページ流し読みください。内容がむづかしく堅苦しければ、せめて、せめて、画像だけでも見てください。
本当に「日本人の危機」が迫っています。一刻も早く、韓国を短期滞在ビザ(90日)免除国から除外し、観光目的の朝鮮人の日本への流入を防ぐべき時です。


韓国人遺伝子の特異性へ



土生滝だんじりの特徴
(息抜きに書いたもので無視ください。お願いですから上のページご覧ください)



土生滝のだんじりについて知っていることを書いておきます。


ただし、古い情報ですので、ご注意下さい。現在は相当変わってるでしょうね!

正確なサイズは、知りませんが、一度置き駒を装着した状態で、高さを測ったところ、約3m60cmでした。置き駒(金のある町では、圧縮使ってるでしょうが、土生滝では 金属わっかです)のサイズは、実際の駒より直径が10pほど小さいので、 曳行時には、約3m70cm程度でしょう。これでも大昔は、近隣では大きい部類のだんじりでした。

ちなみに、土生滝では、2尺の駒は、今でも使っていないはずです。私が現役の頃は、前の駒が、1尺8寸5分で、後ろの駒は、1尺9寸でした。何故、後ろの駒の直径が、 前よりも大きいのかと疑問を持たれる方もいるでしょうが、 理由は単純で、前後の重心が前に移動するため、後ろ梃子の切れが良くなるからでしょう。(前の駒は、前年の後ろの駒を「取り直し(=削って)」して、使用します)

かなり前ですが、パレードに行く途中で駒を変えたことがあります。 世話人一同「なんで今になって変えるんや?」と不思議に思っていたところ、「後ろ梃子全然切れへん!ぶつけに行くようなもんや!」とのこと。一同納得しましたが、 私は、内心、「さては、○山工務店さん、納品するときにサイズ間違えたな!後ろの駒サイズ違うんやろ!」とすぐ思いましたが、当然黙ってました。 当時は、某町で、2尺の駒使う・使わへんでもめたこともあると聞いたことがありますが、土生滝は、重心が比較的高いのでそんな話どころかもっと駒小さくしよう! その方が、重心下がるはずとの話すらありました。しかし、「これ以上、駒小さしたら青年団曳くのしんどなる」(←息子が青年団)とのことで、取りやめです。

大屋根に特徴があります。通常は、大屋根の両端は、必ずかすかに反りが入っていますが、土生滝は、全く反りがなく完全に水平です。 大屋根は、10年以上前に大修理で取り換えていますが、その際に、現在のような形状になったと思います。今は亡き同級生が、「こんなん、珍しいやろ!ほんでも、 ワイは気に入って るんや」と言っていたことを思い出します。しかし。私は、小屋根の両端は、他町と同様に反りが入っているので、「おかしい。変だ」と思うのですがね?
昭和初期の制作ですので、他町と同じように新調当時の面影は、ほとんどなく、土台、4本柱、大屋根等彫り物以外の大部分 が取り換えられています。

よく「だんじりのバランスが悪い」と聞いたりしますが、具体的には、重心が高いことを意味するでしょう。土生滝も私が見る限りでは、重心が高く、このため、台内を削って 鉛を100kg程入れているはずで、今でも、同じはずです。

マニアックな話になりますが、土生滝は、足回りに特徴があります。通常、「ブレーキは、後ろ、前は前梃子で」でしょうが、土生滝は、ブレーキも前です。


後ろの駒にブレーキを利かせると、電柱等にぶつかったときに、必ず、だんじりの前が浮く状態なるはずです。 前が浮くと前梃子さんや大屋根が非常に危険で、実際に、前が浮いたときに前梃子が転倒した大事故も旧市でありました。 前の駒にブレーキを利かせると「つんのめる」ような感じになるので、前が浮くことはまずありません。実際に、何回か、電柱その他にぶつけてますが、1回もだんじりの 前が浮いたことを見たことがありません。うまく考えたものです。(←これをひねり出したのは、同級生)


従兄弟と話したおり、「違う!ブレーキは、後ろ、前は前梃子で止めるんや!前の駒にブレーキ利かせたら、反対に後ろが浮くやないか!」と言い張って聞きません。 しかし、私は、一度も「ぶつかって後ろが浮いた」のを見たことがないので、今度新調するだんじりでも同じ方式の方がいいでしょうね。ちなみに、同じ従兄弟によると 「久米田の方では、前も後ろも、両方にブレーキを利かせている」町があるとのこと。重心が下がるので良いかもしれませんが???

こんなこと書いて暇な野郎だな!と思われるでしょうが、単なる息抜きです。 先日から、珍しくご注文が重なり相当忙しく眠かったですが、少し余裕ができました。理由は自分でも分かりませんが 祭りのことを書きたくなりました。新調だんじりについては、原木祭も終わり、平成34年完成予定ですが、今から楽しみです(このあたりの2〜3行は、後で書き換えています)

実は、このブログは、通常のブログと異なり、FTPでいくらでも追加・変更できます。ですから、「土生滝の現だんじりの特徴」の部分は、実際には、9月9日に書いたものです。 やっと、少し時間の余裕ができました。終わり。

(注)
いわゆるブログと通常のウェブサイト(=ホームページは、和製英語)の差は、FTPソフトによるサーバーへのアップロードが、必要かどうかであるだけです。
ブログの場合には、FTPソフトによるサーバーへのアップロード を必要としません。このブログ(完全に当方にてPHPで作成)も入力ページで、内容を書き込むと、「書き込み日.PHP」のページが、自動的に生成される方式のPHP です。しかし、一度ページが生成された後は、FTPソフトで、自由に修正・追加できます。


2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

日付は、降順

従軍慰安婦の真実
写真で見る朝鮮人遺伝子
韓国への制裁について
韓国のビザ免除国からの除外について
朝鮮人の遺伝子の異常性を明確に示す論文(アメリカ食品医薬品局)
朝鮮人の遺伝子の異常性とヒトゲノム
Y遺伝子から見た日本人男性と朝鮮人・中国人男性との差
韓国海軍の火器管制レーダー照射に関する中央日報の報道の推移
ノーベル賞から見た韓国の異常性
大韓民国臨時政府について
朝鮮人ー 私たちから「遠い民族」
北朝鮮と朝鮮総連そして原発
スマホ・パソコンの画像を表示し、一部を切り取り
新たなサーチエンジン Ahoo Japan 登場
表示内容入力しないと送信不可フォーム
問い合わせ用ページへのロシアから攻撃
空母大鳳と原発事故ーその設計思想
「坂の上の雲」の謎
土生滝だんじり新調A続報
土生滝だんじり新調