リンクメニュー


お好きなリンクメニューをご指定下さい。

リンクメニュー一覧です。下線の付いている箇所をクリックして、各パターンをご覧ください。
ご指定が、ない場合には、弊社にて、ガテゴリーページ数・総ページ数を勘案して、適宜選択させて頂きます。

パソコン・スマホ兼用リンクメニュー@

サイト訪問者の利便性を考慮して、スマホの場合には、サイトのリンクメニューを1層で表示しています。
このページ自体が、デモページ
で、使用頻度の非常に高いリンクメニューです。 スマホで、このページをご覧ください
モバイル端末(スマホ等)では、メニューボタンが表示されますが、パソコンでは、横型のドロップダウン式のリンクメニューです。
画像をリンクメニューに含めることが可能で、見出し表示もできます。

パソコン・スマホ兼用リンクメニューA

サイト内のページ数が少ない場合のスマホ・パソコン兼用リンクメニューです。スマホでは、メニューアイコンが表示されます

パソコン・スマホ兼用リンクメニューB

スマホでメニューアイコンを表示しないタイプです。パソコンでは、横型メニューでドロップダウン方式、スマホではタップで縦の開閉で、3層目ページまで表示します。作動が軽く、スムーズに表示します。サイト内のページ数がかなり多い場合に適しています

パソコン・スマホ共通リンクメニューC

3層構造のリンクメニューです 。スマホでは、メニューアイコンが表示され、さらにカテゴリー毎にタップで下層ページを表示します。パソコンでは、横型のドロップダウン形式で、3層目ページは、横にドロップダウンで表示されます。サイト内のページ数がかなり多い場合に適しています


タブ形式のリンクメニュー

ページが縦にながくなるのを防ぐことができますので、スマホ対応に適しています。

ドロップダウン形式

通常、使用されることは、少ないですが、非常に多数のページへの移動を一括して表示できる利点があります。
サーチエンジンは、この形式のリンクを辿りませんので、別途テキストリンクを要します

インパクト重視のリンクメニュー

ゲームサイト等娯楽系サイト様に使用することを前提とした非常に特殊なリンクメニューです。このリンクメニュー自体にゲームの要素を加味することも可能です
是非一度ご覧ください、強烈なインパクトがあります。



以下は全て、スマホとパソコンで別URLを表示する場合のリンクメニューです

別ページリンクメニュー

パソコンとモバイル端末で、異なるURL(別のページ)を表示する場合です。
jqueryモバイルを利用していますので、スマホ等モバイル端末で訪問された場合の作動が非常にスムーズであるのが特徴です
スマホとタブレット及びパソコンの選択式にすることもできます。(タブレットでは、パソコン用ページを表示する方が好ましい場合が多いです)

パソコン用横型リンクメニュー@

シンプルで、訪問者にわかり易い横型のリンクメニューでパソコンではマウスが乗ると、2層目ページが表示されます。
弊社のようにパソコンをメインターゲットとするウェブサイトに適しています。モバイル対応は、別ページ形式となります。。

パソコン用横型リンクメニューA

画像をリンクメニューに含めることができ、見出し表示も可能で、jqueryでスムーズな動きを見せるのが特徴です。

パソコン用横型リンクメニューB

大区分→中区分→小区分→個別ページの4層構造で、下層ページの層が厚いサイトに適しています。
横型のリンクメニューですが、マウスが乗ると、2層目のみ縦にドロップダウン表示し、3層目・4層目ページが、その横にに表示される縦横形式のリンクメニューです。

パソコン用横型リンクメニューC

ホームページ編集ソフトでの編集が容易であるのが、最大の特徴で、画像をドロップダウンしたな部分に表示して、テキストリンクや画像リンクとコメントもいれることができます。

パソコン用横型リンクメニューD

jqueryによる最も一般的な横型のドロップダウンメニューで、マウスオンでの動きを重視し、ホームページ編集ソフトでの編集が容易です。

バナー3D自動回転メニュー

フッター部分に使用することを想定しています。モバイルを含め各ブラウザ最新版で是非一度ご覧ください。
flashは、使用していません。javascriptのみで作動します。
ページ最下部のフッター部分には、通常テキストリンクを使う場合が大部分ですが、逆に、メインリンクをテキストリンクとし、フッター部分にこのような印象的なバナーリンクを付加することも極めて有効な手法です。(ご利用例:お急ぎ名入れボールペン様

縦型リンクメニュー@

別URL形式でモバイル対応を行う場合で、PC用URLページに使用する 縦型リンクメニューです
3層まで、表示していますが、4層以上にも変更できます。
縦型のリンクメニューにマウスが乗ると、カテゴリーページ→2層目ページ→3層目ページが表示されます。

PC向け開閉式リンクメニュー

パソコンをターゲットにした開閉式リンクメニューで、左右欄が開閉します

アニメ効果のリンクメニュー

PC向け娯楽系のホームページに使用することを想定したアニメーション的な効果を画像リンクに持たせています。

全ページ共通のリンクメニュー@

phpファイル形式でのホームページ内の全てのページへの共通リンクメニューです
ホームページ全体をphpとすれば、リンクメニューの更新は、非常に簡素化できます。現在では、いわゆる「動的ページ」でもSEO上、特段の利益は、生じません。

全ページ共通のリンクメニューA

javascriptを使ったホームページ内の全てのページへの共通リンクメニューです
上のリンク先の最下部に表示しています
ページの追加・削除をされる場合もjavascriptの該当箇所を変更すれば、ホームページ内の全ページのリンクが全て切り替わります。
同様の機能は、多くのホームページ作成ソフトでも可能ですが、ほとんどの場合、非常に「使い勝手が悪い」のが実情でしょう。(リンク共通枠、リンク共通メニュー等々ホームページ作成ソフトで呼び方は、異なります。)
横型・縦型その他、御注文に応じてjavascript作成します。

phpでのHP構築

内部リンクメニュー更新時の便宜上、最も有効な手法は、ウェブサイト(ホームページ)全体をphpで作成する手法です。詳細は、「PHPによるリンク共通メニューの利点」をご参照ください。(このページは、phpファイル形式のいわゆる「動的ページ」です。)

カスタマイズします

上のリンクメニューパターンは、ごく一部の参考例に過ぎません。
ホームページ制作時には、ご要望があれば、どのようなタイプのリンクメニューでも制作申し上げます。

なお、Google(グーグル)は、ホームページ内の全ページを少なくとも1個のテキストリンクで結ぶことを推奨しておりますので、ホームページ制作時、弊社は、テキストリンクを原則とし、画像リンクは、極力、使用を控えます。(画像リンクとは、下のように、画像をクリックするとリンク先へ移動するものです。)

CSSとJavascript

リンクメニューの作成方法は、大きく分けて
@CSS(スタイルシート)のみで作成
→左の縦型リンクメニューB
AJavascriptのみで作成
B両者の組み合わせ
の3パターンがあります。

このページは、Bのパターンです

共通リンクメニュー

通常、ホームページ内のカテゴリーページには、他のページへ、直ぐに移動できるように共通の内部リンクを入れます。(例:このページの冒頭のリンクメニュー)。この場合、新たにカテゴリーページ(1層目ページ)を追加した場合、各カテゴリーページのリンク内容を全て更新する必要が生じます。
通常の場合、カテゴリーページ(1層目ページ)は、多くとも10以下のため、ホームページ更新時にさしたる問題は生じません。
一方、ホームページ内の全てのページに、他の全てのページへ、直ぐに移動できるようにするには、このページの最下部にあるような一覧を設けることが効果的です。しかし、この場合、ホームページ更新時にページを追加した場合、全ページのリンク内容を全て手作業で更新し、アップロードする必要が生じます。
この作業は、非常に負担が大きく、現状では、Javascriptで、共通のリンクメニューを書き込むしか方法は、ありません。(phpによる方式は、若干の不安定要因があります。)詳細は、右欄及び縦型のリンク共通メニューをご覧ください

カレンダー


アナログ時計

12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 使用されているブラウザがSVGに対応していません。

ページ訪問者情報